ここから本文です

母が4月の頭に入院することになりました。今度は治すための入院ではなく、死ぬた...

yan********さん

2017/3/2819:14:42

母が4月の頭に入院することになりました。今度は治すための入院ではなく、死ぬための入院です。

80代、後期高齢。子宮癌の再発。快復の見込みのない体力の衰弱。延命措置はせず、体力の衰

弱に従って安楽死を狙うことが、医師、母、私で話し合って決めてあります。

もし私が、「 寝たきりでもいい、意識がなくてもいい、科学、医療の限界を尽くして生かしてくれ 」と言い出したなら、ほとんどの人は「 死ぬべきときに死なせてやれ 」と言うでしょう。

母はついに死ぬべき命となってしまいました。


… しかし、もし40代の私が交通事故にあって、全身が動かなく寝たきり、快復の見込みがなくなって「 こんな退屈で不自由な人生はごめんだ。社会の役に立たないし、負担になるだけだ。死にたい 」と言っても、その自殺はおそらく認められないでしょう。心優しい人が「 社会の役に立つか? なんて関係ない。人の命は平等だ。人は、ただ存在するだけで価値がある 」と言ってくれるかもしれません。

前途有望な若者だろうが、老人だろうが、殺せば等しく殺人罪なのに、命は平等のはずなのに、死ぬべき命と生きるべき命の差がでるのはなぜですか?

補足皆様、御回答ありがとうございます。

母は外面は良いものの、性格は悪く、攻撃的で、自己中心的な人でした。しかし、可愛がってもらった幼少の記憶もありますし、一人っ子として捨てておけない、と感じます。

私が子供のころは、嫁が旦那の両親の老後を看るのは当然のことでした。また、私がうっかり「 将来は子供はいらない 」と発言したとき、父に「 老後は誰に面倒みてもらうんだ!」と叱られ、子が親の面倒を看るのは当然と思っていました。

しかし両親は、衰弱する前に、二人だけで病院で死ぬ準備をしてくれていました。

両親は「 今まで通り、東京で夢を追いなさい。今の仕事を最優先しなさい。私達のことは一切気にしてはいけない 」と言います。片道三時間なのでいつでも行けるのですが、手伝いに行こうとすると「 来るな 」と叱られます。


質問を一つ追加したいのですが、

このような情況の場合、両親の意思を尊重し、余命少ない両親に会いに行くのは控える、という選択が最善なのでしょうか?

閲覧数:
384
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2017/4/101:00:44

命を「人間の命」と限定した上で回答します。

考えるまでもありません簡単です。
命が平等であるという前提が間違っているからです。
はっきり言って命が平等であるはずがありません。

命の価値なんてものは、その人物の「社会的地位」「相対的な人間関係」「モラルや感情」など多くの要素によって変わります。

80歳と40歳の人間の命の価値は、強いて言うなら「モラルや感情」で変わってるのです。
80歳であれば「人生長生きしたし頑張ったからもう苦しまずに楽にしてあげよう」っていう感情が、40歳であれば「まだまだ若いし死ぬには早すぎる」という感情と「40歳の人間を安楽死させてしまうことへの罪悪感」という感情がそうさせるのです。

安楽死になる人間の気持ちを汲んでいるというのは100%嘘ではないでしょうが、最終的には残った人間にいかにダメージを与えないかという点が重要なわけです。
「40歳の人間を安楽死させること」と「80歳の人間を安楽死させること」の残された人間への精神的ダメージは40歳の人間の方が大きいでことしょう。

上のはあくまでも例えばの話であって、実際には人間関係(家族か他人か)などよっても左右されるわけですが。

回答を書いていて、
「はぁ・・・こんなことを考えてる24歳ってどうよ・・・」って思いますね。ホントに。
すいません、私事でした。

  • min********さん

    2017/4/101:09:47

    ついでに「命の価値は平等である」と言う人間が多いのは、そう言わないと自分の社会的地位に影響が出るからです。

    私も、今はインターネットで名前も顔も(基本的には)わからないのでぶっちゃけて回答していますが、例えば友達との何気ない会話で同様の話題をするのならば、平等もしく他人と知人なら知人の方が価値が有る等と答えると思いますね。そのほうが人間関係を円滑に運べますから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/4/100:49:11

お久しぶりです。

お母様の様態、またヤノさんのお気持ちお察しします。
私が親しくしながら看取ったのは、養父・伯父・実父・叔父・叔母と。
後から「もっと○○すればよかった」という思いは避けられない訳で、
「生き恥を晒すくらいなら・迷惑をかけるくらいなら」等々。
この類のことから「尊厳死(安楽死)」などと考える方の多くには、自身が若い、あるいは比較的に健康であり、差し迫って末期ではない状態からの[未来予想(希望)]に過ぎないでしょう。しかし現実(末期)が迫るにつれ、
多くが「死への拒絶感」の様なものに悩まされる訳で、自身の意思が今と未来とでは違う場合が多い様です。※施設談

「死ぬべき命と生きるべき命」
言葉遊びをするつもりはありませんが、人に限らず「死ぬべき命」という表現が、何やら「姥捨て山」や「殺処分」を彷彿させるのです。
もちろんヤノさんの意思がそこにあるとは微塵も思いもしませんが、ただ「死に至る」ことは仕方がないことで、万物年齢問わず、生きる[べき]はあっても死ぬ[べき]はあってはならない概念だと思います。

論旨がズレていましたらすみません。。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

トチローさん

2017/3/3013:37:07

人によって価値判断が違うからです。
では、貴殿はどちら側に立つのか?

いのちの差別を許さない! ハヤト裁判を支援する会
http://hayato-sosho.link/

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

名無しさん

2017/3/2909:41:38

「平均寿命」を基準にして考えるからだと思います。
80代なら、もう充分生きたのだから楽にしてあげればよい。
40代なら、まだ半分だからもっと生きろ。
生きる権利というよりも、生かされる義務みたいなものか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

abo********さん

2017/3/2823:31:32

高校生で死んだ子なんかの親が「ここまで育てたのに無念です」という違和感と似てるね。0歳で死んだ子は高校生ほど無念じゃないわけか?
そういう重みの差があるべきではない。

can********さん

2017/3/2822:08:29

高齢だからといって「死ぬべき命」とは思いません。

年齢によって死ぬべきとか生きるべき命の差は ないと思います。

私も先日 母を看取ったばかりですが「存在する価値」よりも「本人にとって少しでも楽な
ように」という気持ちを優先しました。

もし自分だったら どうして欲しいか…を考えました。

お母様に少しでも長く生きていて欲しい…お気持ちはよくわかります。

でも あなたなら「寝たきりでも意識がなくても生きていたいですか?

延命する事で お母様の苦しみを長引かせるとしても、それでも生きていて欲しいですか?

迷って悩んで決めた事でも これで良かったのかという葛藤はありますが、亡くなった後の母の顔は とても穏やかな笑顔でしたので やっと楽になれて良かったね…と 感じています。

質問と ちょっと答えが離れてしまって…すみません

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる