ここから本文です

化学肥料を使う前の田んぼ一反辺りのコメの収穫量を知りたいです。現在は、化学肥...

kor********さん

2017/3/2923:58:02

化学肥料を使う前の田んぼ一反辺りのコメの収穫量を知りたいです。現在は、化学肥料を使って、
一反辺り8俵(480kg)です。

人が一人一年間食べる米の量が取れる田んぼの面積を「一反」で、
その量を「一石」だと聞きました。明治の頃の一石とは150kgだったと聞いたことがありますが、
それから計算すると、化学肥料を使う前と後では、3倍強の収穫量が違う計算になりますが、化学肥料の
効果がそれほどあると言えるのでしょうか?それとも、この計算が間違っているのでしょうか?

閲覧数:
1,001
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b47********さん

2017/4/600:28:30

k_996_sさんが有機肥料で栽培されてる方がいらっしゃいますので、その回答が全てかとは思います。

ただ、若干の補足を。

「石」は米の重量換算もできますが、厳密には容量の単位です。
一合180mL、一升1.8Lあたりは生活でも馴染みがあるのではないでしょうか。
一石は、180L(一般に玄米150kgとされます)ですね。

さて。
江戸時代でも、質の良い田んぼでは一反で2石程度かそれ以上とれたそうです。
(一般には上田一反で1石半とされますが、実質はそれを超えることも多いようです)
江戸時代にもなると自給自足を完全に脱し、金を出して買った肥料をも投入し、収穫高を増やしています。
一反で1石という原則値は(想像ですが)戦国時代あたりの収穫高なんでしょうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k_9********さん

2017/4/320:27:44

農薬・化学肥料:不使用で米を作っています。
有機質肥料は使っています。
一反/450~480kgの収量(玄米)です。
化学肥料を使っているときは、一反/540~600kgの収穫量でした。
一人の年間白米消費量は約60kgです。
一反=1,000m2
一石=10斗=100升=1,000合
1合=150g
となります。
ご参考までに。

mor********さん

2017/3/3007:06:15

収量はそんな感じです。品種改良の効果や、病気や害虫の被害を農薬が防いでいるのも大きいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる