ここから本文です

剣道の試合の時のことで質問です。 例えば、相手の竹刀が自分の喉にかかった場合...

hyo********さん

2017/3/3020:15:37

剣道の試合の時のことで質問です。
例えば、相手の竹刀が自分の喉にかかった場合や、自分の竹刀が相手の胴着の袖にかかった場合などの時、自分の手をあげて、試合を中断させていいんでしょうか?

また、仮に中断させた場合も、主審に理由を言いに行くべきなのでしょうか?

閲覧数:
89
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gre********さん

2017/4/119:06:10

竹刀が袖に引っかかった場合はそのまま場外まで押していきます。喉元等危険と判断できるものは左手(右手)どっちでも構いませんが止めを入れていいと思います。その時は審判に理由をいう必要はありません。ですが、中結が回った竹刀が折れた等竹刀に触れなくてはならないことに関しては片手を上げてから審判にいう必要があります

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2017/3/3113:26:49

自分のころは、竹刀がひっかかったり、防具がずれたり、竹刀が割れたり、そういう時は手を挙げてましたね。審判の人が寄ってくるので、「竹刀が割れてしまって、交換してもいいですか?」とか言ってました。そうすると審判の方が試合を止めてくださるので・・・・。ちゃんとした理由があれば止めても全然大丈夫ですよ。

yag********さん

2017/3/3111:35:50

剣道試合者要領 [中止の要請]
(1) 試合者は、試合の中止を要請する場合、
手を上げ、かつ主審に向かって 発声し、
直ちにその理由を主審に申し述べる。

と明記されております。

sig********さん

2017/3/3022:24:34

待てがかかるまで待つべきかと。しかもそれ打つのに絶好のチャンスじゃ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる