ここから本文です

呉服屋さんに就職したのですが

m_g********さん

2017/4/519:42:11

呉服屋さんに就職したのですが

振袖とか着物の知識がほぼなくて勉強しようと思うのですが

産地とか呉服の種類(振袖、訪問着、小紋、大島紬など)特徴や見分け方が載っている本などあったら
教えてください

宜しくお願いします

閲覧数:
590
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xon********さん

2017/4/520:06:42

日本の染織 全20巻 京都書院

原色 日本の意匠 全16巻
続 原色日本の意匠 全12巻 京都書院

日本の染織 技と美 京都書院

このくらいは見て欲しいです。数万円から数十万しちゃいますが、掘り出しものがあります。川島のスクールや、専門学校、大学の図書館にはあります。

京都書院の回し者じゃ有りませんが、染織関係は京都書院が一番です。

  • xon********さん

    2017/4/609:22:43

    呉服屋さんなら、本物が見られるのだから、企画毎に知識をストックしていけば良いと思います。
    でも、一度は目を通して欲しいほんです。
    既に無かったり、絶滅目前の技術が載っています。。着物に関したら、技術は年々右肩下がりですから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2017/4/522:43:05

とりあえずは、大久保信子さんの「着物の事典」がよいと思います。
厚みがあるので取っつきにくいようなら、まずは着物の入門書、何でもいいのでご自分が見やすいものを一冊お読みになるとよいと思います。

入門書でも、着物の種類と着ていく先、合わせる帯などはだいたい一通りは載っています。
「着物の事典」には、着物の種類や着ていく先の他、紬類も代表的なものはおおよそ紹介されていたと思います。
紬の産地などは本で覚えられても、実際に見分けるには実物をたくさん見ないと見分けられるようにはなりませんが。呉服店なら反物でしょうから、証紙などをご覧になれば、どこの紬などかなどは分かると思いますが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nuk********さん

2017/4/521:42:56

本でしたら、『きもの文化検定公式教本』全日本きもの振興会の
Ⅰきものの基本 ・Ⅱきもののたのしみ 各2,000円


・・・で、きものの種類、産地、特徴、歴史や色柄、下着や小物のことなど・・・
効率よくわかりやすく雑誌のような写真主体で、おおよそのことが載っています。

・・・が、

今は、本を買わなくても↓のように
⇒着物屋くるり http://kururi.net/support/variety.html
ネットでも、情報は得られます。
画像や説明のあるところが多いのでいくつか見て、分からない単語やより詳しく知りたいことなど検索をするといいと思います。

お店によって、スタッフが良く参考にしている、客層にあっている本・雑誌などもあると思うので周りの方にも聞いてみてみるといいと思います。
季刊本も季節を一通りは目を通すと基本的なことが書いてある本以上に季節の行事の着物などについてもスナップ写真などが多く現状を知ることが出来るように思います。

ymj********さん

2017/4/521:04:57

ほぼ知識ゼロなのであれば、一番基本的な本から始めた方がいいと思います。

着物屋くるり「着物イロハ事典」
大久保信子「着物の事典」
滝沢静江「着物の織りと染めがわかる事典」
世界文化社「新・きものに強くなる きものの常識 ~染めと織りの基本を知る~」

がお勧めです。
どれも公立の図書館や少し大きめの本屋にあるので手軽ですしわかりやすいです。
プロ向けではなく消費者向けですが、着物の種類の区別から入るならまずは簡単な方がいいでしょうし。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる