ここから本文です

24歳の息子が2月の健康診断で血液検査を受け、AST 37,ALT 59という数値で再検査...

アバター

ID非公開さん

2017/4/713:56:32

24歳の息子が2月の健康診断で血液検査を受け、AST 37,ALT 59という数値で再検査をいわれました。
そのころ熱は1日くらいで収まったのですが咳がとまらなく2週間ほど続きました。

3月20日頃念のため再検査を受けたところ、AST 90,ALT 180となり3日後、もう一度採血し、AST 76,ALT 180そして
ドクターより肝機能障害の可能性があるのでそのまた3日後(慢性活動性EBウィルス感染症OR,自己免疫性肝炎、薬剤性肝障害)肝生検で病理検査をしました。当日のAST 67,ALT 162と上げとまった感は
ありました。また1週間して結果を聞きに病院にいったところAST 31,ALT 76と数値は半減したのですが
EBV VCA-IgA <10(基準10未満),EBV VCA-IgG 160(基準10未満)、EBV VCA-IgM<10(基準10未満)、EBV定量ーLQ 6X10E2 (基準が2X10E2)
という数字で、生検の結果は添付ファイルのような結果でした。今までは、消化器内科の先生の診断だったのですが、次回血液内科の先生との2人との受診をすることになりました。
どなたか専門の方でどのような状態か教えていただければ幸いです。

EBV VCA-IgM&amp;lt,EBV VCA-IgG 160,EBV VCA-IgA,AST 76 ALT 180,AST 90 ALT 180,伝染性単核症,EBウイルス

閲覧数:
199
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/4/715:49:29

EBウイルスの感染じゃないですか?予想では伝染性単核症を疑いますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。