ここから本文です

高校の古典の単語分けがわかりません。

アバター

ID非公開さん

2017/4/815:46:49

高校の古典の単語分けがわかりません。

例えば「ものまう(申)しさぶらはむ。おどろかせたまへ。」を単語でわけたとき
さぶらは/む となるのですが、なぜ切れるのかわかりません。むは助動詞か何かですか?

やはり覚えるしかないのでしょうか。単語の分け方、品詞の見分け方を教えてほしいです!

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wad********さん

2017/4/1403:22:07

さぶらう【候ふ・侍ふ】は、見たことが多いと思います。
この「さぶらう」の活用が「は・ひ・ふ・ふ・へ・へ」

☆「さぶらは/」←「は」に変化した(未然形)ということ。

☆「む」の意味を検索してみてください。
↓このように出てきます。未然形に付く助動詞ということ。

「む」大辞林 第三版の解説
推量の助動詞。活用語の未然形に付く。

☆知っている単語(の活用?)の場合がよくあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる