ここから本文です

蝗害と日本について質問です。 『蝗害(こうがい)』は、トノサマバッタなど相...

urs********さん

2017/4/914:35:58

蝗害と日本について質問です。

『蝗害(こうがい)』は、トノサマバッタなど相変異を起こす一部のバッタ類の大量発生による災害のことであるが、ここで質問です。

日本の歴史を調べると、蝗害は起きているが、海外の蝗害と比べると、海外の方が頻繁に起きている。
なぜ日本と海外での蝗害の発生件数が少ないのでしょうか?

蝗害,トノサマバッタ,こうがい,海外,バッタ類,群生相,関東平野

閲覧数:
733
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/4/918:20:15

□大規模な草原地帯や乾燥地帯が少ない事。

□雨季や乾季の2シーズンではなく、日本には四季がある為に群生相に発展しにくい環境である事。

□大規模河川がない事から平原の環境変化が発生しにくく、氾濫による地形変化も小規模かつ限定的な為に群生相にはならない。したがって、離島・北海道・江戸開城以前の関東平野など限定された地域でしか発生しない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる