ここから本文です

愛知県の潮干狩り場についてですが、今年は西尾市周辺の潮干狩り場はアサリがいな...

oi5********さん

2017/4/919:41:08

愛知県の潮干狩り場についてですが、今年は西尾市周辺の潮干狩り場はアサリがいないようで中止になっていますが、原因は何かあるのでしょうか?環境汚染とかでしょうか?
去年はどこでも掘れば

採れました。

閲覧数:
492
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2017/4/1102:55:57

アサリの減少は三河に限らず、瀬戸内等を除けば、全国的に広がっています。

他の回答者さんがおっしゃる様に、一部の地域では今年も営業しています。

ただ、何年も前から、これらの場所で自然発生したアサリはほとんどおらず、既に枯渇しており、他で育てたアサリを買って来て、それをばらまいています。(地元漁協へしつこく問い合わせると、そうした返答があります)。

以下、水産庁関係者から聞いた話。

原因は複数の説があり、それらが重なって発生しているとされている様です。
沿海部の山林を開発すると、河川へ流れる水の成分が変化し、海の植物プランクトンに悪影響を与えるそうです。

また、海域を埋めたり掘ったりすることで、水温上昇と相まって、海水の酸欠が発生し、プランクトンのバランスが激しく崩れるそうです。
下水道の普及のしすぎが良くないとする説もあります。

また、漁業者の高齢化が進み、科学的に考えれる人材が少なく、自治体が多額の補助金を見せて開発を迫ると、埋め立てや山林の開発を容認してしまうことがあり、自然を守る立場の人達が、行政や議員に負けてしまう傾向があるそうです。

いずれにせよ、人為的な開発や施設が影響している様です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「愛知 潮干狩り」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

moe********さん

2017/4/919:50:44

生育不良や天敵による食害などの自然の影響や、一部の地域ではあさりの密漁が行われたのではないかという人為的な影響によってあさりの量が激減し、各地の潮干狩り会場が潮干狩りの中止を発表しています。

西尾方面なら吉田海岸や梶島、西幡豆と東幡豆でも営業していますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる