ここから本文です

漫画家の小松大幹の絵を見ていると、なにかそのまま浦沢直樹が描いたキャラなんじ...

アバター

ID非公開さん

2017/4/1715:00:05

漫画家の小松大幹の絵を見ていると、なにかそのまま浦沢直樹が描いたキャラなんじゃないかという絵があります。検索しても、浦沢直樹のアシスタンをしていたという情報は出てきませんでした。

小学館系でデビューされていて、竹書房や講談社でも描いていたので、アシスタントをしていたとしてもどの時点でというのがよく分かりません。

小松大幹が浦沢直樹アシスタントをしていたのではなく、自然に描いていたらいつのまにか浦沢直樹風の絵になったとか、共通しているプロのアシスタントがいるのでサブキャラであればその方が描かれている可能性もあります。暇になった浦沢直樹が描いているのかもしれませんが、それはなさそうです。どのような経緯で浦沢直樹絵になったのかご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

閲覧数:
161
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ngs********さん

2017/4/1715:37:59

もしかすると浦沢直樹と
「手本」が同じなのかもしれません。

浦沢直樹の絵柄のルーツは
「バンドデシネ」という、フランス漫画ジャンルです。
実は日本の漫画の進化というのは
日本独自の発展ではなく、
このバンドデシネが大きく関わっているんです。

バンドデシネの大きな特徴は
リアルとコミカルの融合。
日本では今じゃ当たり前ですが
これが1979年に紹介されるまでは
もれなく手塚治虫系ばかりでしたし、
バンドデシネに影響された作家には
浦沢直樹のほか宮崎駿・大友克洋・
鳥山明・松本大洋・荒木飛呂彦などなど
絵に定評のある人ばかりなので
バンドデシネがいかに日本の作画に革命を与えたか
ご理解いただけるでしょう。

そんなわけで、その小松とか言う人も
バンドデシネに影響を受けた一人なのかもしれません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/4/1802:55:52

    おっしゃる通りに、大本が一緒というのはありうると思いました。

    http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/3015001
    自分が見たのは「雀獄島」という漫画でしたが、最初の見開きから「浦沢直樹?」と困惑したのです。あと、瞳が細目のキャラが、そのままなのではないかとも思いました。

    絵には詳しくありませんが、なにか、浦沢直樹に限らず、他の作家さんの影響というか、複数の絵柄が混在しているとも感じました。いったいなにがあったらこんなことになるのかが分からず質問に至りました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/4/18 02:56:38

もう少し自分でも調べてみます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる