ここから本文です

高年齢雇用継続基本給付金と障害厚生年金 60歳で再雇用となり給与が半額となっ...

ake********さん

2017/4/1221:43:43

高年齢雇用継続基本給付金と障害厚生年金
60歳で再雇用となり給与が半額となったため高年齢雇用継続基本給付金を今月から受給することになりました。

同時に障害年金を受給する場合、継続給付

金に影響するのでしょうか。調べても良く解らないのでお教えください。

閲覧数:
600
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wao********さん

2017/4/1610:47:08

身体で障害厚生年金一級の受給者です。
職業柄、複数の社労士やフィナンシャルプランナーと共に仕事をする機会を持っています。
素人の方より多くの事例を詳細に知る立場にあります。
実例に沿って回答をさせて頂きます。

高齢者雇用継続給付と年金はややこしいですからね。
混乱されるのも無理はありません。

結論から申しますと、ご安心ください。
停止はありません。
雇用継続給付との金額調整は老齢年金のみです。
一般には厚生年金の特別給付と呼ばれるものと考えてよいでしょう。

私達の受給する障害年金は障害による所得の減損を補填する所得補償保険です。
既に現役世代で給与が健常者よりも減額している事への保障です。
それを高齢による所得減にまで当てはめるのは理屈に合いません。
ですからあくまで金額調整は老齢年金のみなのです。

ほんのささやかなものですが私達障害者への優遇、と言えると思います。
それより60歳を過ぎても継続雇用をできたのは素晴らしいことですね。
職場に必要とされたのだと思います。
法理論的にはともかく、現実には就労不能な職場しか60歳以上では用意されない事も多々あります。
私達障害者には特にそうです。
失礼ながら人生の目標にしたいと存じます。
これからも障害に負けずに共に頑張ってまいりましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる