ここから本文です

ラミネートベニアの改良版?で、歯を削らずに済むと謳う「スーパーエナメル」。こ...

tha********さん

2017/4/1221:58:05

ラミネートベニアの改良版?で、歯を削らずに済むと謳う「スーパーエナメル」。これは、デメリットなどあるのでしょうか。

また、今までのラミネートベニアはなぜ表面を削らねばならないのですか。

それから、上手な医院をどう探せば良いでしょうか。

閲覧数:
989
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ami********さん

2017/4/1222:12:40

削らなくて済むということは今ある歯よりは確実に出っ歯になります、歯の厚さが増す(0.5mm〜1mm)ということですので今と同じ状態で綺麗になるのは不可能でしょう。

削らないということは出っ張った歯を引っ込める、ねじれた歯も元には戻せないという欠点はあります。

歯科の世界では1mmはかなり大きな値です。

引っ込んでいる歯を出す、変色した歯の色を変える、隙間がある歯を埋める意味では良いかと思います。

表面を少し削るラミネートだと削った分は歯が今までと同じなので綺麗になって違和感は少ないでしょうその上に形を整えて綺麗にできる範囲はスーパーエナメルよりは優位性があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる