上顎だけの部分矯正の契約の際に保定期間を「3年間」とだけ説明されました。いざ抜歯し開始時に、保定期間は「死ぬまでしないと歯並びは崩れてくる」と訂正されました。

上顎だけの部分矯正の契約の際に保定期間を「3年間」とだけ説明されました。いざ抜歯し開始時に、保定期間は「死ぬまでしないと歯並びは崩れてくる」と訂正されました。 これは最初の説明は詐欺もしくは虚偽説明されていたということになりますか。証拠はあります。最初の説明と違い悔しくてなりません。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

>これは最初の説明は詐欺もしくは虚偽説明されていたということになりますか。 ケースバイケースです。 説明不足は否めませんが。

その他の回答(1件)

0

うーん、、部分矯正ってもの自体が曖昧なものですからねぇ 上顎だけの矯正ですか?それでは下顎と噛み合わせなど合いにくくなります。 上下共に少しずつズレて噛みあおうとしていきますので、いずれにしても術後に後戻りはとてもしやすいと思います で歯科医師が虚偽説明しているのか?と言うとそうではないんじゃないですかね? 今回の保定期間として(契約に含む期間)は3年とします。 しかし3年経過したら保定は要らないということではなく、外したら後戻りはしやすくなりますので、3年以降も保定は続けるべきだと思いますよ(自費だけどね) という事でしょう。それは虚偽とは言えないと思います。 そうじゃないと一生保定しますという契約しなきゃいけなくなってしまいます。 ただ…前述しましたように抜歯して上顎だけの部分矯正ですよね むしろきちんと仕上がるのか?見た目だけは体裁整えて噛み合わせなど惨憺たる状態なんて場合も見たことがあります。むしろそこに疑問を感じます