ここから本文です

量子力学においての透過率・反射率の物理的意味とは?

matomarumatoさん

2017/4/2101:18:59

量子力学においての透過率・反射率の物理的意味とは?

タイトルの通りです。ポテンシャル障壁へ入射する粒子について、確率の流れの密度の透過率・反射率を求める問題は定番です。
今までなんとなくわかってた気になっていましたが、ふと、この透過率・反射率は一体なにを表しているのか疑問に思いました。
もちろん、粒子の透過・反射しやすさの何らかの指標となっていることは直感的に分かるのですが、厳密に透過・反射する「確率」になっているのでしょうか?
両者を足すと必ず1になるので確率である気もしますが、どうしてかと問われると答えられません。深く考え始めると、透過・反射しやすさの何らかの指標になっていることすら怪しく思えてきます。

多少なりともうまい説明ができるのであれば、ご教授願います。

閲覧数:
50
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tropic1008さん

2017/4/2107:54:04

あるひとつの確率波が、違うポテンシャルなどにぶつかると波がいくつかに分かれます。このとき、振幅がどの割合で配分されるかが、透過率や反射率でしょうか。

質問した人からのコメント

2017/4/21 15:06:42

言われてみれば、確かにそうですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。