ここから本文です

平成29年4月から雇用保険料率が引き下げられましたが、そうなると所得税が上がりま...

a_l********さん

2017/4/2816:09:15

平成29年4月から雇用保険料率が引き下げられましたが、そうなると所得税が上がりませんか?

所得税計算の際、健康保険料+厚生年金保険料+雇用保険の額を使用すると思うのですが、
毎月一定だった給与の場合、手取りが少なくなると思うのですが間違いでしょうか。

閲覧数:
135
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dfc********さん

2017/4/2816:18:12

逆に手取りは多くなるのではありませんか?

雇用保険料が少なくなった(0.4%→0.3%)=手取りが多くなる。
雇用保険料が少なくなった=所得税が多くなる。

保険料が少なくなった分よりも所得税が多くなることはあり得ません。所得税が多くなる場合は他の要素によるものでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2017/4/2817:24:02

下がったって言っても3.1パーセントだけなんで手取り額に
深刻な影響はないですね。

ただ、今回も国会がゴタゴタしてまして値下げが決まったのは
3月31日ギリギリで、事業所にははがきのようなもので通知
しておりました。知らなくて前の乗率のままの事業所も
多いと思います。

質問者様には引き続きご啓蒙のほうをよろしくお願いします

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる