私はクロスドミナンスなのですが、最近、手足などの「利き」についての質問やを見たりしていいて、左利きあるあるや、左利きエピソードの質問はよくありますが、

雑談 | ユーモア、ネタ471閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(6件)

0

左利きを矯正されてクロスドミナンスになりました。 鉛筆 習字 包丁のリンゴとかの皮剥き マウス とかは右 消しゴム マーカー 箸 包丁(両方だから分からん)スポーツ 丸つけ その他全部左です。鉛筆持ちながら同時進行で左手で持ってた方が都合が良いものは全部左手ででもつので勉強中はいつも両手いっぱいに持ってます笑 これ便利 割合的には右8 左2かな あと、皮剥きとか、最初難しくてお父さんと一緒にやってたらいつのまにか右手使ってたのでリンゴとか剥く時は忙しなく包丁もつて入れ替えるので不便です、、 ・学校の綱引きとか右か左か分からない ・だけど左が人手不足そうだからとりあえず右に行く。 ・左で不便とか言う人いるけど生まれてからずっとそれで生きてきたから不便とか感じたことない。 ・箸がつかえるなら鉛筆も使えるだろうと挑戦するがやっぱり無理 ・どっちの手を怪我しても必ず支障が出る。 ・病院で点滴とか注射どっちの手がいいですかとか言われても分からない。 とにかく、勉強が高速で進むこと、共同作業がひたすらにやりにくいこと!!!

0

左利きを右手に矯正されて、クロスドミナンスになりました。 私の場合は、箸と、鉛筆は右手で、それ以外は、だいたい左です。 ハサミ、包丁、バドミントンなどのラケット競技、バレーのサーブも左。 あとは、テストでは、右に鉛筆、左に消しゴム。で一石二鳥でした。 まわりの子が、消しゴムを落としてしまう理由が分からなかったです。 あとは、丸いフライパンで卵焼き作れます。 右手で采箸、左手でフライ返しだからです。 チャーハンなど、フライパンを振るのは左、箸やしゃもじは右です。 どちらも、右利きの人には難しい作業のようでした。 テーブルマナーの、カトラリーは完全に逆ですね。交差して、ナイフ、フォークなどを取りに行きます。 こう見ると、箸以外は、スプーン、ナイフ、フォークは全部左ですね。 あとは、利き目は右。利き耳は左。利き脳は右です。 感覚的な人間です。もともと左利きなので、右脳をよく使うのは納得です。 小さいころは、左右の区別をつけるのが大変でした。 パソコンの数字キーは右ですが、各種ATMなどで、暗証番号を押したりするのは、左です。クレジットカードの暗証番号などは、右仕様なので、右のほうに番号の塊が有ったりしますがわざわざ、左で押しに行きます。 最近よくやるお絵かきロジックは、右にボールペン、左にマーカーを持ってハイスピードで塗っていきます 笑笑

久々のお客さん。いらっしゃいw 自分は元から左で、当然周りは右利きに対応した環境なので、自然と混ざった感じです。 クロスドミナンスになる、典型的なパターンらしいです。 「右に鉛筆、左に消しゴム」はあるあるですね。 自分は未だに、左右の区別は戸惑いますw 自分は基本的には理論派よりな人間ですかねぇ。 体を動かす時は感覚よりになりますが、その感覚も左右で変わりますね。 左右投げなんですが、右の時はキャッチャーミット(ボールの到達点)を意識しますが、、、 左の時は、ミットまでの軌道・通過点・空間をイメージしますね。 ボーリングも同じ、右は立ち位置関係なく、ピンを見れば軌道毎回バラバラでも目標に当たります。左は普通にスパットを見て、立ち位置を決めや軌道をイメージします。 クロスドミナンスと、一言で言っても中身はホントに千差万別で、知恵ノートにまとめてみたかったんですが、サービスが終了してしまって残念です。

0

自分は先天性の左利きでしたが親に箸だけ右に強制させられました。基本的に左を使いますが箸以外にハサミ、マウスが右です。なのでクロスドミナンスです。

0

お招きいただき、ありがとうございます。 私は自己分析では先天性のクロスドミナンスに両利きが入っており、後天的に右利きメインで両利きと左利きが入り混じる状態になった者です。 先天性のクロスドミナンスはいろいろありますが使いだした方が利き側になるという解釈を先天性として書いています。 そして上記に準ずる形で右だけ、左だけで事が足りるものは右利き、左利きになり、両方使えた方が良いものは両利きにという感じです。 今はどんな感じかというと ・文字を書く、箸を持つは右利き。箸については右手を怪我をしているときは左手で食べていた事があるので左もそこそこいけます。逆に書くのは右のみです。 ・目については右利き、これも右のみです。 ・耳については両利き、電話は左でもったり右でもったり色々です。 ・スイッチを押す、ドアを開けるのは両利き ・マウスは右利きでトラックボールは左利き。これは製図ソフトを使うために意図的にこのようにしました。テンキーでの数字入力を右手でやりたかったんですよね。 ・ハンマーについては両利き、ドライバーは右利き、スパナは両利きとこの分野については節操がないですね。 幼少時については左右盲の症状はでなかったですが軽い吃音、ドモリや発音障害がありました。弟については一時期、左右盲がでていましたね。 私は昔はフルコンタクト空手をやっており、40代になって今は柔道を始めました。また、トリック系(バク転、バク宙)の練習もした事があります。 スポーツについては ・学生時代にやったものについてはほとんどが右利き ・トリック系については右利きですが、練習すれば左もできたような気がします。 ・学生時代に肩の腱板を痛めており、肩の動きが悪い時に始めたテニスやゴルフは左利き ・フルコンタクト空手は右構えですが、スイッチからの左の蹴りを何時の間にか使うようになっており、スイッチファイターが少し入っております。 ・柔道については修行中ですがこのままいくと両利きになりそうな予感です。 スポーツについては面白いですね。フルコンタクト空手ような打撃系格闘技はスイッチファイターが少ないですが、柔道でレベルが高い人は後天的に両利き、クロスドミナンスになっている人が多いように感じています。 おそらくスポーツごとに特性があるんでしょうね。剣道なんかは逆に左利きオンリーですからね。 私の場合は意図的にもしくは左利きにせざるをえない状況でないと左利きにはなりずらく、右利き、両利きになる傾向が高いです。まあ、社会が右利きの作りになっているので学習によりそうなるんでしょうね。 あとクロスドミナンスの解釈も難しいですね。利き手が目的により入れ替わるのは確実として。 先天性については私は使った方が利き手になるタイプと解釈していますが、右利きと左利きが入り混じっているタイプも先天性とも言えますし・・・ まあ、少数派である左利きよりもさらにレア物の特性でかなりのパターンがあるので無理に解釈しきれるものではないと思ってはいますが・・・ まあ、人に利き手の特性を話をする時は両利きの傾向があるという感じでぼやかして言っています。詳しく聞かれると事実を話すようにしています。 参考になれば幸いです。

早速の回答、ありがとうございます。大変参考になります。 crocodiljpさんの言葉で言えば、私は左利きメインで右利きと少し両利きが混じった状態なので、メインの側が違うものの、似ているなと最初は思ったのですが、、、 「利き」に対する感覚・解釈が、かなり違う様な印象を受けました。特に「使いだした方が利き側になる」という、感覚は私には全くありませんでした。 私の感覚では、基本的にすべての動作が最初から右利きか、左利きか決まっていて、「使いだした方が利きになる」と言う事はありません。(右利きと左利きが入り混じっているタイプ) 私は、決まっている利き側が、バラバラで、自分ではどうしようもありません。ただ、決まっている側を探す感覚です。

0

こんにちは。私も以前はクロスドミナンスでした。 幼少のころから右利きと信じていましたが、かなり多くの動作で左手が出てくることが多いので、今では天才的で(笑)誇りですが、当時は僕はおかしいのではないかと、真剣に悩みました。 例えば小学校のお遊戯で隣の人と手をつなぐとき、右手が逆手、左手が順手に無意識になってしまうので、とっさに手がつなげません。また、友達などと握手をすることがあると思うのですが、これまたとっさに無意識に左手が出てくるので、変な目で見られ、本当におかしいのではないかと、大げさかもしれませんが、死ぬほど悩みました。 そのほか トランプを切る 左手。 箒をつかう。 左手。 ぞうきんを絞る。 左手。 などなど挙げだしたら、切りがありませんでした。 割合でいうと左利き 6割 右利き 4割というところでしょうか。 大人になり、いろいろと本などで調べてくると、 真偽はわかりませんが、クロスドミナンスは先天的に左利きとして生まれてきたが、社会が右利きなため、右手が熟達してしまうため、起こる現象らしいです。 それを知ってから、例えばお箸は右手でしか持ったことがなかったのですが、ためしに、左手で持ってみたら、右手で持つより、非常に楽なことに気付きます。また私は幼少のころから、食が細いことが悩みだったのですが、左手で箸を持つようになってから、食事が楽しくなりました。 そんな経験をしたので、思いつく限り、生活を左利きに変えてみると、いかに右手を使ってきたことがストレスだったかということに気付きます。 おはしや、パソコンのマウスなど、普通に右手を使っていて、途中から左利きに直したわけですから、両利きになると思いきや、あまりに左手を使うことが楽しいので、左手ばかり使っていたら、右手がどんどん退化していってしまって、「左手でもできる」ではなく、「左手でしかできない」ということばかりになってしまいました。 そういうわけで、趣味のアクセサリー作りで、ペンチを両手で握るくらいで、ほぼ完全に左利きになってしまいました。 現在の割合ですが、 左利き 9割 両利き 1割 という感じです。 この経験をもとに自分なりに考えてみると、やはりクロスドミナンスの人とは、先天的に左利きの要素が強いような気がします。 でも、右利きなんだけど、左手でする動作が多い。というときが一番かっこよく思わなかったですか? よだんですが、どこの国かわかりませんが、左手は不浄の手と言われているそうです。なぜかというと、トイレでトイレットペーパーを持つ手が左手だからだそうです。ですからご飯を左手で食べることは不浄なので、禁止されているそうです。 これも家族に問うてみたのですが、4人家族で汚い話ですが、お尻を左手で拭くのは私だけでした。私はお尻をふく手でご飯を食べているのだから、非常に汚いですね。(笑) あと一つ書くのを忘れました。ルービックキューブが趣味なのですが、R面(右)は右手 U面(上)は左手なので、非常に滑らかに回せます。しかし、解法は、右利き用の回し方でできていますが、普通に覚えられます。利き手とは違い、頭の構造は右利きのようです。 すいません長くなりました。私はこんな状態です。もはやクロスドミナンスと言えるのかどうかもわからないです。 失礼します。

私もトイレは左ですね。この話題が出て初めて気づきましたw 左を使っている、右を使っていると言う意識がないので、指摘されて初めて左利きだと気づく事があります。 私も似た様な内容を目にしましたね。また最近では、右利きの人でも携帯の操作など、いくつかの動作が左利きになってる人が多いそうですね。 利きの割合は、特に変化してないのですが、自分が何利きと言う意識を持ってなかったので、かっこいいと言う風に感じはしなかったですね。むしろ暫く両方を試さないと、利く方が分からなかったので面倒な思いをしてますね。 また、すごい変化ですね。クロスドミナンスは、全く同じ状況の人がいないので、面白いですね。 現状は、クロスドミナンスとは言えないかも知れないですね。右利きの動作が残ってないですからね、、、