ここから本文です

理論株価を出す際についての質問です。成長割合モデルならば最初の配当/期待収益率...

アバター

ID非公開さん

2017/5/620:52:26

理論株価を出す際についての質問です。成長割合モデルならば最初の配当/期待収益率r−成長率で理論株価を求められるとされていますが、最初の配当は来年に貰うという前提ですよね。つまり来年に貰うであろう配当から

株価を割り出すならば現在価値に戻す必要があるのになぜ、この式ではそこを無視して来年の配当を元に配当/(期待収益率-成長率)となるのですか?

閲覧数:
89
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ghj********さん

2017/5/711:11:15

企業の現在価値をP、来年の配当をD、来年以降の成長率をg、期待収益率をkとすると企業の現在価値は以下のように計算できる。

P=D/(1+k)+D(1+g)/(1+k)^2+D(1+g)^2/(1+k)^3+・・・+D(1+g)^(n-1)/(1+k)^n
ここで1+k=K,1+g=Gとすると
P=D/K+DG/K^2+DG^2/K^3+・・・+DG^(n-1)/K^n
PG/K= DG/K^2+DG^2/K^3+・・・+DG^(n-1)/K^n+DG^n/K^(n+1)
P-PG/K=D/K+DG^n/K^(n+1)
P(K-G)/K=D(K^n+G^n)/K^(n+1)
P=D/(K-G)+D/(K-G)*(G/K)^n
ここでnは十分大きく、G<Kという条件から第2項は0になるので
P=D/(K-G)

このように来年の配当Dは現在価値に割り引いて計算されています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bla********さん

2017/5/807:54:47

>株価を割り出すならば現在価値に戻す必要があるのになぜ、この式ではそこを無視して来年の配当を元に配当/(期待収益率-成長率)となるのですか?



将来のキャッシュ・フローを現在価値で評価すべきだ と言う発想は正しい。

まず、来年以降の配当が永久に一定額である場合の理論株価は 割引計算をして

配当/期待収益率

となるが、来年以降の配当が成長する場合の割引計算は 成長率を織り込んで

配当/(期待収益率-成長率)

となり、分母が成長率分小さくなる分 理論株価が上昇すると言うことだ。

数式的には 別の回答者が示した通りだが、成長モデルでも 質問者が言うような 割引計算を無視している と言うわけではない。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる