ここから本文です

(1) ある酢酸水溶液10.0mlに0.100mol/l水酸化ナトリウム水溶液を滴下したところ、1...

kar********さん

2017/5/1213:17:24

(1) ある酢酸水溶液10.0mlに0.100mol/l水酸化ナトリウム水溶液を滴下したところ、15.0mlで中和点に達した。この酢酸のモル濃度を求めよ。

(2)(1)の滴定の終了後、さらに水酸化のナトリウム水溶液を15.0ml滴下した。滴下を開始してから合計30.0mlを滴下する間に①NA+ ② CH3COOH- ③ OH-の物質量はどのように変化するか。横軸に滴下量ml、縦軸にイオンの物質量をとってグラフで表せ。と言う問題です。

(1)はわかります。(2) がどういう状況なのかイメージがつきません。説明してくださる方、お願いします。

閲覧数:
992
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ktn********さん

2017/5/1214:58:44

(1) より、酢酸の濃度は 0.150mol/L

(2)
CH₃COOH + Na⁺ + OH⁻ → CH₃COO⁻ + Na⁺ + H₂O


Na⁺ は上記の反応式のように、 反応には関わらないので、
水酸化ナトリウム水溶液を加えた分だけ増加していきます。
30.0mL 加えたとき、 Na⁺ の物質量は、
0.100×30.0/1000=3.00×10⁻³ [mol]
になるので、 グラフは原点から横軸 30.0mL、 縦軸 3.00×10⁻³mol
の点を直線で結びます。


弱酸である酢酸は最初は CH₃COO⁻ はごくわずかしか存在して
いませんが、 水酸化ナトリウム水溶液を加えて中和反応が進むに
つれて増加します。
水酸化ナトリウム水溶液 15.0mL でちょうど中和し、 このとき、
CH₃COO⁻ の物質量は、
0.150×10.0/1000=1.5×10⁻³ [mol]
となります。 グラフは、 ほぼ原点から、 縦軸 15.0mL、 横軸
1.5×10⁻³mol の点を直線で結びます。 その後、 水酸化ナトリウム
水溶液を加えても CH₃COO⁻ は増加しないので、 30.0mL までは
横軸に平行な直線になります。


OH⁻ は、 上記の反応式のように、 中和によって消費されるので、
水酸化ナトリウム水溶液を 15.0mL 加えるところまでは、 ほぼ
0 となります。 その後は加えた分だけ増加し、 さらに加えて
30.0mL になったとき、 OH⁻ の物質量は、
0.100×15.0/1000=1.5×10⁻³ [mol]
になります。 グラフは、 原点から 15.0mL までは、 横軸を通る
直線、 30.0mL までは、 そこから横軸 30.0mL、 縦軸 1.5×10⁻³mol
の点を直線で結びます。

  • 質問者

    kar********さん

    2017/5/1217:27:00

    解説してくださりありがとうございます。
    質問なんですが、化学反応式が具体的にどんな状況を示しているのかいまいちよくわかりません。(問題集の解説にも同じような式がありました。)詳しく教えてくださるとありがたいです!

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/12 19:09:00

すごくわかりやすかったです!ありがとうございました!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる