ここから本文です

「平家物語」についての質問です。 「烽火ノ沙汰」において、“周の幽王の故事”が...

nanokatannnmさん

2017/5/1312:50:51

「平家物語」についての質問です。
「烽火ノ沙汰」において、“周の幽王の故事”が引いてあると思います。
その故事の典拠は、『史記』の「周本紀」のようですが、元々の話には、幽王の妃につい

ての
「野干になって、走りうせけるぞおそろしき」という記述はありませんでした。
平家がこの一文を加えた理由は、一体何だと思いますか?なにか思いついた方、教えていただけると幸いです。

閲覧数:
21
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ejnp5639さん

2017/5/1313:13:54

その狐が、遣唐使の舟に玉藻の前という少女に化けて日本に渡って来た。
そして鳥羽上皇の后となった。上皇が病に臥せるようになり、陰陽師によって、狐の正体がばれるという伝説があります。
九尾の狐はもとは道教の聖獣でしたが、後に妖怪にされてしまったようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/20 04:27:28

補足の返信までしていただき、とても助かりました!本当にありがとうございました(^^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。