ここから本文です

オススメの小説を教えてください

Uzukiさん

2017/5/1720:52:37

オススメの小説を教えてください

学生です。


小説を読もうと思っているのですが、何となく何を読もうか迷っています。

好きな小説は、宮部みゆきさんの「レベル7」川村元気さんの「世界から猫が消えたなら」畠中恵さんの「しゃばけシリーズ」綾辻行人さんの「another」好きな作家さんは上記の人に加え、住野よるさん、入間人間さん、江戸川乱歩さんなどが好きです。

ジャンルとしてはSF、ファンタジー、ミステリー、ライトノベルなどが好きですが、オススメして下さったらどんなジャンルでも読もうと思います。
ただ、キツめのグロ、ホラーはNGです。

本を読むのにはある程度慣れているのでそこそこの長編でも大丈夫です。


回答よろしくお願いします
あと、出来ればオススメ小説がどんな感じなのかも書いてくださると嬉しいです。

閲覧数:
174
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/5/1722:55:47

another好きだと言っているのにNG条件に合致しているのはこれ如何に。
後述するリゼロとか上位のお薦めなんだけど、大丈夫かな……。

個人的にはラノベになります。

知恵ノートにいくつか、お薦めのアニメとして
あらすじ付きで書いてるので良ければご覧ください
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n267206
以下、数作抜粋+追加。


●ノーゲーム・ノーライフ(本編 既刊9巻)
駆け引きに長けた兄と天才的な数学力を持つ妹、
ゆえに負け無しの兄妹が、ゲームで何でも決まってしまう異世界へと飛ばされ、そこで人類種、魔法が使える種族らを相手にゲームするという話。
――――――
2手どころか3手も4手も先を読んでいる主人公が凄いので
頭脳戦の最高峰だと思っています。


●Re:ゼロから始める異世界生活(本編 既刊12巻)
少年はある日、気付いたら異世界にいた。
とにかく情報を集めようとするのだが上手くいかず、
暴漢にからまれたところである少女に助けられる事となる。

その少女にお礼をしようと彼女の探し物を手伝おうとするのだが、
その途中で何者かに揃って殺されてしまった……と思ったその時――。
――――――
理不尽が襲いかかる絶望感と、先が読めないミステリーは圧巻で、
重い作品ですが話が進むにつれ面白さが増していきます。


●ソードアート・オンライン(既刊19巻+SAOP既刊4巻)
現実の五感を再現するフルダイブ型VRゲームの世界に閉じ込められ
死ぬと現実でも死んでしまうというデスゲームを
強いられる事になったプレイヤーたちの話。
物語はその一人である少年と、出逢う少女たちを中心に描かれる。
――――――
王道と夢のある設定や展開でワクワクするし、
ヒロインもかっこ可愛いくて、バトルも燃えるし、
グッとくる要素が満載なのでとても楽しめます。


●アスラクライン(全13巻+1巻)
一度滅び、悪魔の力を借りてやり直した世界、
再び滅びいく前にどうにかしようと奮闘する人たち。
そんないざこざに巻き込まれた主人公の波乱の物語。


●GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(文庫版:本編 全10巻)
銀座に突如異世界への門(ゲート)が開き、
そこから現れた者たちによって民間人の多くが犠牲となった。

政府は向こう側の世界を『特地』として自衛隊を送り込み、
事件の再発防止と調査をする事になった。
――――――
異世界交流や、文化の違いを見た時のリアクションが面白いです。

  • 質問者

    Uzukiさん

    2017/5/1723:08:00

    確かに矛盾してますね。anotherは私の中では大丈夫な方でした、けど綾辻行人さんの殺人鬼を少し読んだのですがそちらは(グロくて)途中で断念してしまいました。
    リゼロは小説を読んだことがあります、そちらも大丈夫でした。回答ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ことりさん

2017/5/2217:23:28

月下におくる

沖田総司の物語
めっちゃおもろい

tonbeiさん

2017/5/1901:21:29

■Dick Francis の Longshot

この作家は 英国の作家で、変わっているのは 奥さんと共作していたらしい。
この Longshot は その作家の作品の中でも、 とくに面白いと思います。

作家志望の男が、貧乏生活をしていて、昼の軽食に預かろうとして 旧知の
編集者の事務所に行く。 そこに 大物の 馬の調教師が来ていて、
自分の 伝記を書いてくれる ライターを探しているのだという。
貧乏な作家志望の若者が、その話に飛びつく、という所から 事件に巻き込まれていく というストーリーです。

■Cop Hater by Ed McBain
87文書シリーズの 第一作目、1950年代の作品。
警察小説の草分けではないかな。

警察小説とは、 police procedural novelに対する訳語ですが、忠実に訳せば 「警察手続き小説」となります。
警察捜査の専門的technicalで 細かな部分にこだわった小説という言い方もできるかな。

このジャンルから、 forensic science 小説のようなものが枝分かれるする。
有名なのが、 Patricia Cornwell の Scarpettaシリーズ。スカーペッターという 検死局の女性局長が主人公で、
鑑識の専門的な記述を特徴とする。

このシリーズの 第一作目が
■Postmortem

この作品で、1991年の Edgar賞を受賞している。

veg********さん

編集あり2017/5/1812:29:59

▼悪童日記/アゴタ・クリストフ
https://www.amazon.co.jp/dp/4151200029
「ぼくらには、きわめて単純なルールがある。作文の内容は真実でなければならない、というルールだ。ぼくらが記述するのは、あるがままの事物、ぼくらが見たこと、ぼくらが聞いたこと、ぼくらが実行したこと、でなければならない。」

という作中ルールのままに描かれます。無機質な筆致で事実のみが淡々と描かれていくので、双子が何を考え行動したのかは行間から読み解くしかありません。その過程でヒヤリとする事実に気付いたりします。グロさはないけど怖い話。名著だけあって小説らしい面白さが味わえる作品。

▼僕僕先生シリーズ/仁木英之
https://www.amazon.co.jp//dp/4101374317
日本ファンタジーノベル大賞受賞作。好みに合うかは分かりません。美少女仙人である僕僕とニート青年の王弁が旅する話。しゃばけの話題でよく引き合いに出されます(内容以上に表紙が似てる、というのが一番の理由だと思いますが)。

▼星虫年代記/岩本隆雄
https://www.amazon.co.jp/dp/402273910X
古き良き時代のラノベ(=ジュブナイルノベル)。新潮文庫から発売し、後にソノラマ文庫でリメイク。その後「年代記」として2回目のリメイク。雰囲気で言えば星虫・イーシャがSF寄りの作品で、鵺姫真話・異聞はファンタジー寄りの作品になります。

編集あり2017/5/1721:26:07

普通の小説なら、個人的なオススメは貴志裕介さんの『青の炎』。
家族を一人の男に壊されそうになった少年が起こした過ちをめぐる物語です。
この貴志裕介さんは他にも『硝子のハンマー』なども執筆しております。こちらは推理もので、『鍵のかかった部屋』としてドラマ化されております。ドラマとはかなり違った仕上がりで、自分個人はかなり引き込まれました。

ライトノベル系で言うなら、時雨沢恵一さんの『キノの旅』。
普通のライトノベルのようなハーレム要素、無双要素は無く、キノという一人の旅人が様々な価値観を持つ国を回っていくオムニバス形式の短編集のようなものです。
どこか冷めた視点と、最後に必ず待っている考えさせられるオチが読み手を引き付けます。一話も短いので読みやすいです。


どちらも学校の図書室にあることもあると思われます。自分はこれらを学校の図書室から借りて読みました。

w04********さん

編集あり2017/5/1720:54:35

転生したらスライムだった件

転生後、最弱のスライムでゆっくりと力を蓄えて強くなっていくほのぼの系。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる