ここから本文です

靖国神社に「A級戦犯」はいない。何でか?

ake********さん

2017/5/1815:02:58

靖国神社に「A級戦犯」はいない。何でか?

↑とかいう書き出しで、viva_blue_daemon さんとかいう方が、飽きもせずに何度も何度も同じ「質問」を書き込んでいます。いや、「質問」という名目で、ご自分の持論を長々と、何度も何度もコピペしています(よっぽどひまのあるフリーターだなあ)。

「質問」と言いながら、実質が「質問」じゃないんだから、「回答」の書きようがありませんが、おっしゃるところの「……はいない」というのは、ある意味、正論ですよね。

だって、そもそも「A級戦犯」と呼ぼうと「昭和殉難者」と呼ぼうと、だれそれの霊が、東京九段の特定の宗教施設の「本殿」とか「ご神体」とか称するもののあり場所に、「いる」とか「いない」とかいうこと自体、歴史学の次元で肯定したり否定したりできる命題ではなく、靖国神社という宗教施設にまつわる「宗教的な語り」であり、信念のもちようしだいで、どうとも答えられることだからです。

はい。確かに「A級戦犯」とかいう名のついたものは、靖国神社にはいません。

唯物論者に言わせれば、そういう結論になります。同時に「昭和殉難者」もいません。久坂玄随や真木和泉のような「幕末殉難者」もいません。

一部に、靖国神社に「西郷隆盛がいない」ことを不本意に思う人もいますが、西郷隆盛がいないのと同様、西南戦争の政府軍戦死者もいません。日清戦争戦死者も、日露戦争戦死者も、支那事変戦死者も、大東亜戦争戦死者も、いません。

唯物論という思想は、憲法19条の「思想の自由」によって、わが国では、それを心にいだくことは自由です。北東アジアのどこかの国のように、全国民にその思想を抱くように強制することは、わが国では認められていませんが、個々人の思想としてなら、自由です。

だから、重ねて言いますが、唯物論者ならばという限定つきで、viva_blue_daemon さんの「質問」に対しては「賛同」という「回答」が得られるはずだと、申し上げます。

唯物論者以外の人がどう考えるかは、人それぞれによって違ってくるでしょうが。

……とまあ、こんなところで、あのアホな「質問」の書き込みはもう打ち止めにしてもらおうじゃありませんか。みなさま、どう思いますか? ←これが私の「質問」です。

https://matome.naver.jp/odai/2142515062570887401

閲覧数:
336
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apc********さん

2017/5/1819:26:03

「A級戦犯は名誉回復されて存在しない」と言うのは、良く知られた低能ネトウヨの盲言


因みに「国会で決議」されたのは四回とも、国内と国外での戦犯たちの減刑と早期釈放を関係各国に要望する内容だ。

1952年6月9日参議院にて「戦犯在所者の釈放等に関する決議」
1952年12月9日衆議院にて「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」
1953年8月3日衆議院にて「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」
1955年7月19日衆議院にて「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」

名 誉 回 復 決 議 な ん ぞ 、一 度 も 行 わ れ て い な い


戦犯は国内法上の受刑者と同等に扱われ、遺族年金や恩給の対象にならなかった
1952年5月1日、木村篤太郎法務総裁が、戦犯の国内法上の扱い・解釈の変更を通達し、戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱うよう変更した。

あくまで、国内の遺族年金や恩給の対象とするための変更に過ぎない


1953年以降、サンフランシスコ講和条約第11条の手続きに基づいて、関係11か国の減刑同意を得たうえで、1956年までに受刑者の出所が完了した

つ ま り 、戦 犯 と し て 減 刑 さ れ た に 過 ぎ な い



戦犯の名誉回復は、サンフランシスコ講和条約第11条の手続きに基づいて、関係11か国の同意を求める事が必要だが、日本からは発議すらしていない



つまり『 戦 犯 の 名 誉 回 復 は 行 わ れ てい な い 』の で あ る



2005年10月25日民主党の野田によって質問された「戦犯の名誉回復」について、小泉首相が答弁を行った

戦犯の刑については、「我が国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」とし、戦犯の名誉回復については「名誉」及び「回復」の内容が必ずしも明らかではないと答弁した


つまり、時の首相が、戦犯の名誉回復はなされていないとの認識で、はぐらかして逃げたのである

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zat********さん

2017/5/2006:38:39

>そもそも国際法は、戦争を認めています

呆れたおバカ

国際法の定義が全く判っていない

国際法とは、国家間の条約・約束・同意をいい、2国間~多国間の国家間の取り決めを言う

これらは、国内法に優先する

寝言かよ?

han********さん

2017/5/2004:08:50

そうですね。賛成です。

bri********さん

2017/5/2000:30:47

そもそも

そもそも国際法は、戦争を認めています
国際間の紛争解決の手段として「戦争は合法」です

いわゆる日本の戦犯は、戦勝国が一方的に裁いた
国際法違反の東京裁判において、やはりこれまた
戦勝国が勝手に決めたことです

東京裁判の席で、戦勝国(米国)の良識ある長官が、
「(国際法が戦争を合法としているのだから)
戦犯はいないのではないか?」
と、戦犯の定義を否定する場面がありました

東京裁判 名場面「戦争犯罪の定義は成り立たず」
(40秒辺りからご覧ください)
https://youtu.be/grFZiNaNVds

サンフランシスコ講和条約以降、日本の左翼(旧社会党ら)から、
いわゆる「全戦犯を赦免すべき」と声が上がり、
当時の日本の人口7,000万人のうち、
4,000万人の署名が集まっています

そもそも

そもそも国際法は、戦争を認めています
国際間の紛争解決の手段として「戦争は合法」です...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qqk********さん

2017/5/1909:12:04

私も何回か目にしていますし 読ませていただきました。

自分の思想 主張に沿う事柄だけを羅列 論理を組み立てているだけで 主張に不都合な事実は無視しています。

A級戦犯問題 靖国問題は 彼が言うほど簡単ではありません。

自分の主張に反論されると 在日 売国奴 反日 非国民 ブサヨ と言ってののしるのはネトウヨの特徴です。

ali********さん

2017/5/1815:41:03

このvivaなんとかという質問者は
回答して答えられなくなると
すぐに回答拒否するんです
突っ込まれたくないから逃げ回るんですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる