ここから本文です

教えてください 当自治体で平成21年にマスタープランを策定し、特定用途制限地域...

sas********さん

2017/5/2000:12:01

教えてください
当自治体で平成21年にマスタープランを策定し、特定用途制限地域を設定して
農地に医療関係の利便用地として農振と併存させておりましたところ、医療従事
者用に居住用共同住

宅を建てる目的で農振の除外申請を出しましたが
国営かんがい排水事業の受益地ということで、受付を拒否されました。
私個人としましては、寝耳に水で、市のマスタープランの目的が無視され
農水省の網が優先されるとは夢にも思いませんでした。
転用面積は1300平米です。周辺はかなり宅地化が進んでおり、私の土地も
6メートルの道路に面しております。道路側に向かって手前まで宅地化が進んでおり
下水道、上水道も埋設してます。周辺には大規模な病院があります。
平成24年には農振除外の受付をしてますが、その時は周辺に大規模な
スーパーができるとのことで、市役所の職員から取り下げを願われ、
やむなく取り下げしましたが、平成28年に一旦受付を停止し、今年の
3月に受付開始となるとのことで申請をしたところ、国営かんがい排水事業の
着工により受付不可と言われました。
悔しいの一言に尽きます やはり15年間は除外をあきらめるしかないのか悩んでます

閲覧数:
61
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/5/2316:02:50

残念ながら国の法律なので仕方ないです。

有力議員に袖の下を渡して事業計画の見直しとかを頼むくらいしか対抗手段はないでしょう。

  • 質問者

    sas********さん

    2017/5/2520:33:19

    了解しました。
    ひどい法律ですね。農水省の工事事務所長にも承諾印を押した
    貴方が悪いと言わんとばかりの対応
    腹が立ってます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる