ここから本文です

昔の和歌はよんでもすぐには意味がわからず、解説を読むとわかるのですが、当時の...

vlt********さん

2017/5/2523:17:18

昔の和歌はよんでもすぐには意味がわからず、解説を読むとわかるのですが、当時の人はほんとにすらすら意味がわかったものなのでしょうか?それとも少しくらいはどういう意味かきかないといけな

いものもあったのでしょうか?

閲覧数:
63
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zhu********さん

2017/5/2618:22:34

こういう質問がよくあります。
「当時」とはいつですか。
この知恵袋でも、短歌の意味が分からないから説明してくれと言って、与謝野晶子や石川啄木、北原白秋など近代歌人の歌まで質問する人がたくさんいます。

それでいくと、いつでもどこでも分からない人には分からないということになりますね。
平安時代でも短歌が作れる人は少なかったし、見ても分からない人がたくさんいました。『土佐日記』を読むと、多数が額を寄せて歌のようなものを作り上げたりする場面が出てきます。でも、民謡に近い簡単な歌は理解できたようです。今でもそうですね。特殊な技巧を使ったり、古典の教養がなければ理解できないような歌は、なかなか理解できなかったようです。

質問した人からのコメント

2017/5/30 22:44:24

そう言われるとそうですね、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

suz********さん

2017/5/2617:57:19

昔は文字の読み書きのできる者はごくわずかでした。

文字の読み書きは和歌などが教材とされましたから、子ども時代の家庭教師から和歌の鑑賞についても教わりました。

貴族限定ですが、貴族の中でもバカは歴史から排除されましたので、現代に記録は残っていません。

aja********さん

2017/5/2523:59:15

平安期までの和歌は「単なる歌」でも「単なる詩」でもありません。政治や祭祀、恋愛や社会的承認を受けるのに欠かせない、最も重要なツールです
詠むのに上手い下手はあっても、分からないのは「イタイ人」で、貴族社会で生きてゆけません

ura********さん

2017/5/2523:31:28

昔の人はそれが普通の言葉だったので、
もちろん意味がわかって和歌を作ってました。

というか、自分で意味不明な和歌を作らないでしょ(笑)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる