がん保険の必要性についてです。

がん保険の必要性についてです。 父、母共々がん保険や生命保険に何も加入していないのですがこの状態は異常でしょうか? 父、母共に54歳です。

生命保険 | 保険1,526閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

よくある話ですね。 がん保険に加入していれば、治療の選択肢が増えます。アフラック・オリックス・メットライフ・メディケアあたりが、保障と保険料のバランスがよいと思います。 保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド http://hoken-support-guide.net/ ~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ) ・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 ) ・医療保険/告知書の書き方&注意点・病気でも加入できるかの目安(告知書(診査)・調査 ) ・通院特約は必要?/医療保険・傷害保険・がん保険の支払事情(保険金請求(書類・受取人・約款など)

その他の回答(7件)

2

健康で結構貯蓄があり、あまり気にしていないのでは? そのような人間は、掛け捨てが嫌いで、貯蓄がうまい 死亡=がん三大疾病一時金のある保険(終身)くらいには加入している方は多い。 がん保険はがんにならないと掛け捨てなので。

2人がナイス!しています

0

がん保険はがんにならなければまったく意味をなさない保険です。 たしかにいろんな情報で『日本人の二人に一人はがんにかかる』と言われていますし、日本人の死因第一位はがんです。 でも逆に言ったら、二人に一人はがんにならない、ということです。また死因のトップ5は心疾患・脳血管疾患・自殺・肺炎です。 この中で自殺を除くと病気といえるのは心疾患・脳血管疾患・肺炎であり、さらに肺炎は高齢者の誤嚥などによる老人病がほとんどです。つまりがん・心疾患・脳血管疾患の三大成人病に対する対策が効果的ということになります。 生命保険に加入していないことが異常かどうかは、他人がどうこういうことではありませんが、日本における生命保険の加入率は90%程度ありますので、そういう意味では珍しいといえるのではないでしょうか。 働き盛りを無事過ごしてきたので、この先生命保険が必要かどうかは最終的には亡くなってみないとわかりませんが、今後高齢になってからの入院や死亡は、周囲の方々、つまり子供たちへの負担が増したりすることもありますので、お子さんたちが裕福ならめんどうも見てあげられるでしょうが、なかなか経済的に厳しい状況のお宅もあると思いますので、元気なうちに何らかの対策を打っておいたほうが、子供の立場としては安心なのではないでしょうか。 また医療保険などに加入していると、セカンドオピニオンなどのサービスが無料でついているものもあり、高齢になっていく親の面倒についても相談できたりすることもあるので、ぜひ元気なうちに加入をお勧めしてみてはいかがでしょうか。

0

異常ではないと思いますよ。 でも、今は健康でも病気やケガで働けなくなった時や入院した時にお金は必要になります。その時の為の貯えや、周りに助けてくれる方がいるのなら問題ないと思います。

0

がん保険は高いです。安心とコストのバランスと思います。 また、医療保険は、県民共済とかもありますしご検討を。

1

異常ではないです。 必要性を感じてなければ要らないでいいと思います。 喉が乾いていないのに水を飲ませようとしているのと一緒です。

1人がナイス!しています