マウスプロモーションの養成所について。 マウスプロモーションの養成所に入りたいと思っています。 ですが、全くのど素人でオーディションが出来る条件をクリアしていません。 そこでまず

マウスプロモーションの養成所について。 マウスプロモーションの養成所に入りたいと思っています。 ですが、全くのど素人でオーディションが出来る条件をクリアしていません。 そこでまず 他の養成所を受けてからマウスプロモーションの養成所オーディションを受けたいと思っています。 先の話になりますが、他の養成所に入っているということは、マウスプロモーションのオーディションの条件として大丈夫でしょうか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

こんばんは 質問としては、募集要項の次の文 『専門学校、劇団等で1年以上、又はそれと同程度の基礎訓練を受けた』と言う部分の解釈についてと言う事ですよね。 要は、発声・滑舌・腹式呼吸や、朗読・セリフの読み上げ方のポイントやエチュード基礎知識ややり方とか初歩的な事は、マウスでは手取り足取り教えないから事前に自分で覚えて来てくださいって事でしょうから。 その基準さえ満たせていれば、他の養成所で習う基礎でもOKと言う解釈でしょう。 ですから、質問にある。 他の養成所でレッスンした経歴があれば、マウスプロモーションの養成所に入る為の条件を満たせますか? と言う問いならば。 『条件は満たせます。』と言う解釈で良いと思いますよ。

その他の回答(2件)

0

他養成所との両立は出来ませんよ。 一年以上レッスンしてそこを卒業してからなら、受けられます。

0

質問文の最後の、「大丈夫でしょうか」みたいな書き方は、 ものすごく、安易な考えでの質問のように思えてしまいます。 このあたりの点は、後でまた指摘します。 重要な点は、マウスプロモーションの養成所って、そう簡単に受かりません。 その点を、まず書きますから、よく考えてみましょう。 (以下、マウスと省略して書きますが、失礼に書く意図ではありません) マウスの新人への目指し方ってのは、 マウスの事務所のHPをきちんと読めば、分かるはずなんです。 質問者さんは、まず、そういう所を、きちんとやる必要があります。 第一志望の事務所だと言いたいなら、それにふさわしい真剣さで、 きちんと調べて考えましょう。 ちょうど、今年の 2017年4月の新人さんが掲載されてますから、 その人たちを見れば、どういう新人さんが必要か分かるはず。 (名前の後の、さん付けは略します) > 2017.04.03 新所属者のお知らせ > 4月1日付けで、以下の11名が新加入いたしました。 > 今後とも宜しくお願い申し上げます。 > >【女性】大野柚布子、岸本望、久保田梨沙、 > 田中貴子、日野佑美、村田遥、森本73子 >【男性】井上雄貴、木田祐、塩尻浩規、村上聡 分かりやすいように、マウス養成所の前の経歴も引用します。 質問文に書いてあるような、他の事務所の養成所からやるのは、 あまり、おすすめできないので、後半でまた説明します。 基本は、マウスの新人さんの場合は、専門学校経由が多いです。 質問者さんも知ってる学校が、今年の新人さんの経歴に出てるでしょう。 質問のように素人からと言ってる場合は、 マウスのほうで、専門学校と組んで、体験的なイベントもあるので、 そっちに行ってくれということも、有り得るでしょうね。 (西日本の人が、大阪で体験に参加のような場合) (結果として、そのイベント後、そこの専門学校に勧誘されて、 そこで2年間学んで、ウチに来ましょうね、のパターンとか) (これと同様のことは、以前、シグマの特待生オーディションで、 見られたようなやり方だし。今でも、シグマはそれがあるかも) 東京では、マウスの養成所が会場ですが、 質問のように、素人レベルの人が参加しても、 本当に体験までだけで、養成所を受ける段階へは進めないかもしれません。 専門学校などに在籍中などの人も体験に来るでしょうから、 マウス側で、応募内容を見て抽選で落としてしまうかもしれませんし。 抽選で落とされなかったからといって、 養成所の入所などの段階の審査は厳しいですから、 体験などに行った以降、年明けの入所オーディションまで、 どうレッスン受けてレベル上げるのか、考える必要もあるでしょう。 大野柚布子:日本工学院 岸本望:宝塚歌劇団入団 月組配属 久保田梨沙:マウス付属養成所 直入り 田中貴子:大阪アニメーションスクール専門学校 声優科 アニメ声優コース 日野佑美:福岡スクール・オブ・ミュージック&ダンス専門学校 村田遥:マウス付属養成所 直入り 森本73子:E-sprinG -> アールグルッペ ー> マウス移籍 井上雄貴:東京アナウンス学院 木田祐:ミツヤプロジェクト -> マウス養成所 塩尻浩規:81ACTOR'S STUDIO -> マウス養成所 村上聡:東京アニメ・声優専門学校 https://mausu.net/topics/2017/04/post_8.html で、たぶん質問者さんは、重要な点をまだ考えてないのでは? マウスの場合、専門学校にいる人たちや先生方から見ても、 「マウスの養成所に受かること自体が、かなりの難関」 というレベルでした。そういう評判が、よくあったんです。 マウスの付属養成所の人数が、比較的少ないためです。 (だから、かなり長いこと、マウスは基礎科は持ってなかった) マウスの養成所は、それだけ厳しい所だというのを、忘れないほうがいいです。 年中生徒募集みたいにしてて、養成所の分校をあちこちの都市に作るような、 養成所商法ばかりしてると指摘したほうがいい所とは、違うと気付きましょう。 まあしかし、マウス でも、青二 でも、専門学校や無認可のスクール等と、 手を組んで新人探しのようなことは、やったりすることもあるわけです。 (上で少し書いたように、マウスも体験授業的な所は、専門学校と組んでる) そういった過程でも、ちゃんと、お金払える声優志望者さんなのかも、 事務所側や、学校側などから見られてるということも考えたほうがいいです。 「 お金の無い人は、声優になれません 」という意味になります。 さて、前半のほうで、専門学校からの人が新人で多い点は書きましたが、 それ以外の経歴で、マウスの養成所に入ってた今年の新人さんについてです。 宝塚から、養成所に来る人もいるわけです。 青二の新人さんでも、宝塚から、青二塾大阪校に行ってた人が近年いました。 ミツヤプロジェクト のように、 声優さんが主宰されてる劇団的な所で修業してた人も、時々います。 マウス養成所以前の経歴が出てなくて、 直接、養成所に入ったように見える人であっても、 子役時代に芸能活動などをしてた人だったりとか、 大学などの演劇科などで、演技レッスン経験ある人だったり、 新人として選ばれるだけの、理由などは必要になってきます。 8月の81オーディションでも、 原紗友里さんのように、高校の演劇部などでがんばってた人が、 選ばれている年もあったわけです。 (近年でも、地方の県で、演劇部や放送部でがんばってた 高校生の子が、8月の最終選考に残ってるのは、見られたりします) で、81の養成所の後、マウスの養成所という人もいるわけですが、 こういう経歴になる人は、あまり見ないほうなので、 「大丈夫なのか」と、質問文のような話にもっていくのは、 無理がありすぎるんです。 養成所を転々としてくると、あまり有名になれるとは言えないし、 それだけ、多く、お金や時間もかかってしまいますからね。 はっきり言って、最初の事務所の養成所などで芽が出ない人が、 他の養成所などにまた行って声優デビューしてきてる場合は、 あまり、キレイな経歴や新人時代の仕事になってないことも、 見られたりするからです。 あまり、露骨に書くべきではないのでしょうけれど、 若いうちや新人時代から、 アダルトゲームの方面に出演してしまうような人の経歴が、 そうなってる場合も、あったりするからです。 質問のケースの場合、アテレコ体験授業や説明会などの、 マウスの事務所側で用意しているイベント等を利用したいなら、 自分で、よく調べて申し込んでみればいいんですよ。 そういった機会を活用して、事務所や養成所に、きちんと聞きましょう。 (青二塾でも、説明会などはあります。授業見学は不可ですが) マウスの体験や説明会関係のページも付けておきます。 https://mausu.net/school/ https://mausu.net/topics/2016/06/post.html 第一志望みたいに事務所を検討しているなら、よく調べてみましょう。