ここから本文です

履行遅滞についてご教授お願いします 不確定期限債権は債務者が期限の到来を知...

sor********さん

2017/5/2917:36:11

履行遅滞についてご教授お願いします

不確定期限債権は債務者が期限の到来を知ったとき、期限の定めのない債権については請求を受けた時だそうですが、
この両者の差はなぜ生じるんでしょうか?

どちらも期限が定まってないという点で同じなので、同じ起算点から履行遅滞になるのではないかと思いました

閲覧数:
49
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mad********さん

2017/5/2918:26:38

法律学は定義の学問なので、言葉の意味がわかってないと先に進みません。

【期限】法律行為の効力の発生、消滅、または債務の履行を、将来到来することの確実な事実の発生にかからしめる法律行為の附款。

「将来到来することの確実な事実」であれば期限です。ちなみに、不確実な事実なら条件です。

期限は必ず来ますから、それを知った時に請求できるとしたのです。そこで、その時から遅滞が始まります。

反対に、期限の定めのない債務というのは、債権者の請求にリミットがかけられていない状態ですから、いつでも請求できるのは当然です。そこで、請求を受けた時から遅滞になるのです。

  • mad********さん

    2017/5/2919:00:08

    あと、具体例を考えることです。
    「将来出世するまで返済しなくてもいいよ」(昔の判例)
    「君が退院するまで借金は返さなくてもいいよ」
    「田んぼの稲刈りの時期まで返済を待ってあげる」
    こういうのが不確定期限です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/5/29 20:21:26

とても分かりやすかったです大変ありがとうございました^^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dia********さん

2017/5/2918:16:17

不確定期限債権

何時だか確定は出来ないが、「必ず期限が発生」する。

期限の定めのない債権

当事者が意思表示をしないと、「永遠に期限が発生しない」。


の違い。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる