ここから本文です

(建物内部の)共用部分の持分割合は区分所有法では、原則として専有部分の床面積の...

sei********さん

2017/5/3120:27:31

(建物内部の)共用部分の持分割合は区分所有法では、原則として専有部分の床面積の割合(内のり,内側線)とされているのに、標準管理規約では、原則として専有部分の床面積の割合(壁心,中心線)となっています。

区分所有法では、例外として規約で別段の定めができるとしているので標準管理規約で計算方法が異なることは理解できましたが、なぜ壁心計算を原則としたのでしょうか?

閲覧数:
96
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dia********さん

2017/6/718:31:55

分譲前は、正確な壁の厚さ等が判らないから...

と、聞いた気がする。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる