ここから本文です

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の違いを教えていただけませんか? 阿弥陀仏は架空...

aeg********さん

2017/6/214:36:43

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の違いを教えていただけませんか?
阿弥陀仏は架空の仏様だと言われているそうですが、浄土系の宗派は架空の仏様を拝んでいるのですか?

お釈迦様は、最終的には法華経を説いていたとの事ですが、日蓮上人との関連を教えていただけませんか?お願いします。

閲覧数:
953
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2017/6/216:56:17

>阿弥陀仏は架空の仏様だと言われているそうですが
誰がそんなくだらない事を言ったんでしょうか?それを信じるならそのものに従えばいいだけです。でも他の誰も相手にはしてくれないでしょうけどね。

>お釈迦様は、最終的には法華経を説いていた
誰がそんなくだらない事を言ったんですか?阿弥陀如来が架空なら釈迦は経文を書いていないのだから、法華経もまた架空のものという事になります。

そもそも日本の仏教はインドのものではなく中国で大成してから日本に来たものなので、その説で行くならば日本の仏教そのものが釈迦とは直接関係なくなってしまいます。その中で阿弥陀経は仏説と言って弟子の問いに答えたものではなく、釈迦が自ら説いたものだと言われています。その阿弥陀経を具現化したのが阿弥陀仏であり、それを否定すれば釈迦の言葉も否定されてしまうでしょう。
逆に法華経では貨幣制度があったりカースト制度ではありえない記述があるなどから身分制度の緩やかな地域で貨幣制度確立後の完成だとする説もあるようです。となれば当然釈迦が解いたかどうかは実に怪しい事になりますね。

南無阿弥陀仏というのは阿弥陀如来の誓願でもある「悟りを開き仏陀たらんとする願い」をすべての人が持つことを本願として「阿弥陀如来の決意に同調し自ら誓願を立てる」という意味です。
法華経は釈迦の生涯やら仏法の原理、未来などをかいた、いわば参考書のようなものです。ただし大乗仏教の経典という分類だそうですから後世の書であることは間違いないでしょう。
学術専門書のようなものですので学ぶにはいいと思いますけど、果たしてこれ去年が唯一無二の仏法の経典だと断言しちゃうほどのものなのかというのが私の個人的感想です。私はやっても落第点確実なので、さっさとあきらめちゃいました。

日蓮がこの法華経を唯一無二として多宗派を邪教とまで言い放ったのは事実らしいですけど、それだけ排他的であるから、些細な解釈の違いから対立し日蓮宗が数多くの分派を作り出し、挙句に創価学会まで至ったことも事実。他を排するものは自らも排されるという因果応報ですね。
私は表現や手法が違うだけで、結局目的地は同じだと思うのですけどね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dnx********さん

2017/6/220:34:59

大乗仏教の浄土教の経典浄土三部経に釈尊が説示されている佛語には、これより西方十萬億土の佛土を過ぎて世界アリ。ナズケテ極楽という。その土に佛まします阿彌陀と號したてまつる。と佛説阿弥陀経に説き示されるとおり、極楽浄土の存在を証し、阿弥陀佛の存在を明らかにされている。

大乗仏教の特徴は諸仏諸菩薩の登場である。これをよく日蓮系の人は、自宗の教義にもとずく形式で批判する。あなたのような偏見でモノを言うお方が多く存在します。大乗仏教の成立史などを研究し浄土教および浄土学も学ばない者が、日蓮系の教義にもとずく偏見な見方で批判することは、もっと本を読み勉強してからにした方が良い。

なぜなら、日蓮系の偏見で仏教をみることになる。(笑)

xxx********さん

2017/6/218:55:58

南無阿弥陀仏は、他力で即身成仏して菩薩に成る人が唱えるもの

法華経は、自力で即身成仏して阿羅漢に成る人のもの

順番からいくと、他力が先だよね。

sam********さん

2017/6/215:35:37

>南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の違いを教えていただけませんか?

南無釈迦牟尼仏と南無無量寿経の違いを教えていただけませんか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mom********さん

2017/6/215:21:36

福音書男です。

大乗仏典は、二世紀以後に、当時のインド人が、イエスの言葉などからパクった、物を、中核に据えて、その他は私のような、そこら辺のおっさんが、もっともらしくインチキを書いて、膨大な一切経を、作りました。

仏教は、中心的な経と言うのは、存在しないので、各宗派が、大乗仏典から、小乗仏典から、各宗派が、チョイスして、原典を決めています。

だから統一された見解が、存在しません。

大きく五つぐらいに分けられる、大乗仏典の教えの中核には、あの薄っぺらな、五つの福音書のなかに、すべて書かれていると言う、けったいな構造に成っています。

阿弥陀如来は、十字架に磔となった、肉体イエスが、元にある物。
身代わりに、苦しんでくれると言う発想が、イエスの行いを模写して、インドのものとして、書かれています。

インドに伝搬にいった、キリストの弟子は、トマスがまずいて、他の何かしらがインドに伝わっています。

多分、持ち込まれた、新しい思想に、インド人たちはそれを認めて、自分たちの宗教として、作り直したものです。

阿弥陀如来は、イエスがモデルの架空の物体です。

阿弥陀如来が私たちの罪や業を、大変な苦痛に耐えて、助けてくれた。阿弥陀如来に帰依すれば、その恩恵を受けられるとしたのが、
南無阿弥陀仏です。

何妙法蓮華経は、法華経と言う経典に書かれてる思想

この世を支配して、1人1人に最高の教えを常に与えている、お釈迦様の教えが、法華経なんです。

それは、いつでも自分に、お釈迦様が与えた環境に、完全な教えが入っていて、お釈迦様の教えに帰依すれば、私たちは、正しく導かれて、天国に行くと言う。

まあ、これも完全にいえすの言葉。

「 あなた方は、師 と呼ばれてはいけません。師 は人の子のみですから。」福音書

ここら辺をパクっていたのが、法華経です。

この地上に住みながら、常に私たちは、釈迦の教えを得ている。地上で世界を、そして、貧困な肉体を、肯定してゆくことで、天国にいけるというシステムなんです。


私たちの代わりに、苦労してくれた、阿弥陀様に帰依するのが、南無阿弥陀仏

私たちの取り巻く環境を、お釈迦様の教えと信じて、帰依するのが、南無妙法蓮華経

chl********さん

2017/6/214:37:43

文字が違いますね。多分ですが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる