ここから本文です

ナチス・ドイツが行ったホロコーストと、ソ連がロシア革命後に行った一連の粛清と...

inu********さん

2017/6/421:43:32

ナチス・ドイツが行ったホロコーストと、ソ連がロシア革命後に行った一連の粛清と人工的な大飢饉であるホロドモールなどはどちらの方が残酷な行為だと思いますか?

つまりは、ナチス・ドイツとロシア革命後のソ連はどちらが残酷だったのかということです。

ホロコーストについてはユダヤ人が多いハリウッド映画界などが盛んにたくさんの映画を作っているのでよく知られてますが、ソ連が行った5か年計画を断行するために行われた非人道的な粛清、ホロドモールなどはあまり映画化されてないし、ドキュメントも少ないのでよく知られてませんが、ウクライナ、カザフスタンなどでホロコーストの推定犠牲者を上回る1000万人ほどが犠牲になったと言われてます。

ホロドモールを強行したのはスターリンの腹心であるユダヤ人のニコライ・カガノヴィッチなどであり、それ以外にもキリスト教徒を嫌うユダヤ系幹部がキリスト教徒が多いウクライナとイスラム教徒が多いカザフスタンなどから強制的に穀物を徴収して、それらの穀物を輸出品にして外貨を獲得して、一方で多くの農民たちを飢え死にさせた。

ホロドモールが起こったウクライナなどでは食べ物が何もなくなり、ソ連崩壊後のロシアのTV局作成のドキュメントによると、ホロドモールの頃は近所のか弱い子供をさらってきて食べたり、弱った老人なども食人の対象となった。戦争でもないのに、近所の弱い人を襲って食べなければいけないほど飢えていたのだった。また、飢え死にしそうな人が道端に倒れていても誰も気にしなくなったという。このホロドモールを起こしたのが、カガノヴィッチなどのソ連共産党のユダヤ系幹部だった。

でも、ソ連がソ連崩壊まで長年に渡ってホロドモールは人工的に起こったのではないと否定していたこともあって、ホロドモール関係の映画、ドキュメントなどは作られなかった。また、今でもプーチンなどの旧ソ連の後継者の反発を招くことを考えて、あまりホロドモールの残酷性を非難するような報道はなされていない。

果たして、ナチス・ドイツの犯罪とロシア革命後にユダヤ系ソ連共産党幹部が行った犯罪では、どちらの方が人道に対する罪が大きいでしょうか?長年、ユダヤ系共産主義者に虐められていた東ヨーロッパなどでは、ナチス・ドイツよりも共産主義とユダヤ人を嫌っている人の方が多いです。

ホロドモール,ホロコースト,ロシア革命,カガノヴィッチ,ドキュメント,インディオ,ピューリタン

閲覧数:
831
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

2017/6/422:16:10

そのどちらより凄いのが人類史上最大の殺戮アメリカンホロコーストです。

マルコ福音書16/16 新共同訳
信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は
滅びの宣告を受ける。

●ヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』



マタイ10:34
わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるために来たからである。

●●異教徒は人間ではない●●●


1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えた。

キリスト教徒たちは神の許しと祝福を受け南北アメリカのインデアンを皆殺しにしました。


1620年にイギリスからアメリカへ移り住んだ(清教徒)の半数は最初の年の冬を越せずに亡くなっていますが、彼らを全滅から救ったのがインディアンです。
にも拘らず、
ピューリタンたちにとって、インディアンは人間ではなくて、ただの野蛮な土人であった。ピューリタンたちは、その土人たちにも守るべき土地、家族、文化が あるなどとは一度も考えることなく、ただひたすら圧倒的な武器の力を利用して、土人たちを虐殺し、追い散らしていった。

ピューリタンは自分たちを新ユダヤ人と称し、聖書を引用しながら、

新大陸を約束の地カナンとして、北米の先住民を神の許しのもとに殺戮しました。1600万人の北米インデアンが殺戮され、ほぼ人種絶滅につながりました。

2000年前のことではないのです。旧約聖書の文言が神の言葉とされる限り、状況によっては今後も繰り返されることなのです。

ジョージ・ワシントンは、イロコイ族絶滅作戦を指揮し、「彼らを徹底的に根絶やしにするように」と指令した。ワシントンは兵たちに、殺したインディアンの皮を剥ぎとらせ、軍装の飾りにさせた。
ワシントンは彼らについて、「インディアンも狼も生贄となるべきけだものだ」と述べている。

アメリカ合衆国の白人達は、アメリカインディアンを虐殺すると共に、生き残ったアメリカインディアンをも奴隷として皆殺しに近い状態まで追い込んだ可能性が強いと思われる。

アメリカインディアンの奴隷がほとんど死んでしまったので、白人達はアフリカから黒人奴隷を連れて来たのだと思われる。
これは歴史の闇にかき消されていく本当の真実かも知れない。

キリスト教徒たちは、この地のインディアンたちを「狼と同種のけだもの」とみなし、植民地を挙げて絶滅政策を採った。[要出典]女子供に至る大量虐殺を受けた インディアンたちは同盟を組んで1675年に、白人が「フィリップ王戦争」と呼ぶ北米植民地戦争を起こした。この戦いは白人入植者側の圧勝に終わり、 4000人を超えるインディアンが虐殺され、酋長や戦士が残虐に処刑された。

北米大陸へ移住してきたピューリタンたちは、先住民たるアメリカン・インディアンたちを虐殺して、合衆国を建設してゆく過程のなかで、しばしば自分たちを モーセやヨシュアに率いられてカナンに侵入していったイスラエル人になぞらえて、自分たちをあたらしい神の選民「新イスラエル人」と自称して、(先住民文 明壊滅)にいそしんだのでした。
、白人たちはインディアン部族が、アフリカの部族社会のような「酋長が支配する首長制の部族社会である」と勘違いした。実際にはインディアンの社会は合議 制の完全民主主義社会であり、「王」や「首長」のような個人権力者は存在しない。「大いなる神秘」のもと、人と動物すら明確に区分されず、すべてが平等に 共有されるのがインディアンの社会であり、まして大地は誰のものでもなかった。

●●インデオ殺幾●●
●インデオに食人を強制しました。●

降服していたインディオたちをできるだけ大勢連れて行き、彼らを他のインディオたちと戦わせた。彼はだいたい1万人か2万人のインディオを連れて行ったが、彼らには食事を与えなかった。

その代わり、彼はそのインディオたちに、彼が捕らえたインディオたちを食べるのを許していた。

そういうわけで、彼の陣営の中には人肉を売る店が現われ、そこでは彼の立会いのもとで子供が殺され、焼かれ、また、男が手足を切断されて殺された。

人体の中でもっとも美味とされるのが手足であったからである。(インディアスの破壊についての簡潔な報告< p.81>)

スペイン人たちは村へ侵入し、大半が藁造りのインディオたちの家に火を放った。インディオたちが気付いた時は既に手遅れで、女、子供、そのほか大勢のインディオが生きたまま焼き殺された。・・・」<同書 49>

インデオ虐殺1000万人
キリスト教徒のインディオ殺しは残酷で、例えばインディオを13人ずづ絞首台にかけ下からは小さい火を燃やし、絞め殺すと同時に焼き殺したのです。何故 13人ずつかと言うと、救い主のイエスキリストと12使徒の名誉のためでした。また、インディオの子供の頭を岩や木に投げつけ、生きたまま犬の餌にしまし た。こういた「立派な」行為を熱心に書き留め、その記録をスペイン宮廷に送りました。


モーセは、戦いを終えて帰還した軍の指揮官たち、千人隊長、百人隊長に向かって怒り、かれらにこう言った。「女たちを皆、生かしておいたのか。ペオルの事 件は、この女たちがバラムにそそのかされ、イスラエルの人々をヤーヴェに背かせて引き起こしたもので、そのためにヤーヴェの共同体に災いが下ったではない か。直ちに、子供たちのうち、男の子は皆、殺せ。男と寝て男を知っている女も皆、殺せ。女のうち、まだ男と寝ず、男を知らない娘は、あなたたちのために生 かしておくがよい。」

(民数記 31章14〜18節)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

編集あり2017/6/1013:37:26

ゴールデンウィーク何しったのや? アダルトビデオ鑑賞がぁ? 子岩の処女はわたさねーず

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる