ここから本文です

日本史の先生が「土一揆は人を殺すが、百姓一揆は人を殺さない」と言っていました...

lun********さん

2017/6/521:11:02

日本史の先生が「土一揆は人を殺すが、百姓一揆は人を殺さない」と言っていましたが本当なのでしょうか?調べても情報が曖昧で・・・

閲覧数:
295
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

みらいさん

2017/6/613:06:50

百姓一揆は必ずしも暴動や戦闘を伴うものばかりではないので、そういっているのだと思います。

百姓一揆とは領主や代官に
「もう年貢は納められそうにありません。何とかしてくれないと困ります」
という反抗を見せるだけでも、一揆とされました。

ただし、百姓一揆がすべて暴動なしの反抗であった訳ではありません。

郡内一揆と呼ばれる山梨県での一揆は大暴動になり、近隣の大名から藩兵が出動して死傷者が大量に出ています。

ですから、先生がいう百姓一揆は人を殺さないは史実としてウソであり、間違いです。

反対に土一揆は国人や地侍とよばれる武士も入っていたため戦闘的ですが、やはり借金帳消しを狙った暴動なので、示威運動だけで終わったものもあります。

結論からいうと、『土一揆は暴動・戦闘に発展することが多く、百姓一揆は暴動・戦闘に発展しないことが多い傾向』
というだけです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

set********さん

2017/6/615:06:27

先生もいい加減だねえ

当時をすべて見ていないのに資料だけでどうして断言できるんかいな?
歴史教えるのは難しいんだからね。不確実なことは言わないことだよね。

どこの先生だい?

教育委員会に電話で文句言ってやるわ。甘やかしておくと頭に乗って「犯罪」やらかすのが今の教師だからな。

2017/6/614:31:03

「殺さない」ということばに反応して「絶対ですか~? 一人もですか~? もしあったら土下座ですか~?」とタチの悪い小学生みたいな文句をつけるなら、それは「正しくない」というしかないでしょう。
江戸時代の「百姓一揆」というのは「年貢減免運動」であり、武士を殺しても意味がないわけですから。金持ちを襲撃して金品・食料を奪う、もろ暴動である「土一揆」とは手段も目的も違うわけです。
先生が分かりやすい言い方で「土一揆」と「百姓一揆」の違いを説明したのは、正しいといっていいと思います。

sto********さん

2017/6/603:05:38

「今月二十一日に、奥・里の男が一人残らず出てきて、御八幡で大寄合をして、大かねをつき、土一揆お引きならして結束を固めています」

上記の「注進状」は、地方における徳政一揆の性質を物語る史料とされています。
お引きならしとは、平均化(リセット)する為の武装蜂起を意味しており、徳政を要求する男たちが一人残らず一揆を起こそうとしていると代官が知らせてきたものです。

村規模の土一揆が、国中(県規模)に広がると国一揆と呼ばれます。

徳政とは借金棒引きと理解されますが、年貢未進(未納)が続くことで名主の権利を放棄して、他の名主が年貢未進分を負担することで新たな名主になる事を意味します。
つまり今の名主を追い出す為に、徳政を求めるという意味もあります。

中世の一揆は、「自力救済の理」に従い実力で訴えを認めさせる行動を、先生は人を殺すと説明したのでしょう。
中世の百姓は、地侍・耕作人(近世で云うところの百姓・農民)・在村する商人を包括する用語なので、土一揆も厳密に言えば百姓一揆ですよ(^_^;)
御百姓衆が土一揆を起こそうとしていると上記の注進状にも記されています。

室町時代の一揆と江戸時代の一揆の違いを先生は言いたかったのでしょう。

2017/6/601:55:00

極めて簡単に言えば
土一揆は戦国時代の用語です
百姓一揆は江戸時代
ですので先生の言ってることは正しいです

2017/6/600:46:36

一揆とは同盟や組合という意味で、必ずしも反乱を指すものではありません。
土一揆は寄せ集まった一揆が暴発して実力行使に出たものであるため、往々にして人を殺すということです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる