ここから本文です

趣味で日向神話を調べているものです。

アバター

ID非公開さん

2017/6/620:35:02

趣味で日向神話を調べているものです。

天孫降臨の地には宮崎県北の高千穂町辺りと、鹿児島県境の高千穂峰の二つが有力とされています。
しかし、福岡県の糸島市辺りとするという説もあるそうです。
自分でも調べてみたのですが、どうも諸説入り乱れておりいまいちハッキリとしません。
そこで、皆さんはどう思われているのか意見をお聞かせ願います。
何卒教えてください。

閲覧数:
120
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

de7********さん

2017/6/621:47:59

福岡県の糸島市付近=中世天皇家の祖、百済昆伎=応神=倭武の上陸地に近い。

宮崎県北の高千穂、鹿児島県境の高千穂峰=緯度が十部族の都サマリア線上。
隼人の自治区を朝廷が平定する為に主張。

日向、高千穂=道教の東海三神山の聖地と関連し、徐福の大漢国(君子国)が傍に無ければ為らない。

古事記、日本書紀の神話部分が全体迄、神話に作り変えられており(平安~室町)
全て神話扱いにされてます。

天孫降臨地は桓武天皇が天神を祀った〈交野柏原〉ですが、上陸地は道教繋がりで、
東海地方に上陸した訳です。

上陸地の周辺には海橋立(神橋)、加羅(軽見)、蓬莱島、大垣(王垣)、志津山、
徐福の大漢国、日高見=日向(弥生時代の文身国)が無ければ為らない。「壬申の乱」挙兵の地が元々の産土の土地である。天武天皇の孫、長屋の由来地も存在する。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/6/621:52:21

    回答ありがとうございます
    東海地方については調べていなかったので、また調べてみようと思います!

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/6/7 12:39:22

どれがあっているとは一概には決定することは出来ませんが、1番事細かに説明をして下さったのでBAとさせていただきます。
回答して下さった皆さんありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2017/6/623:24:47

糸島市に1票。

そこに日向峠というのがあります。

天孫降臨というのを、朝鮮半島から豪族がやってきたと考えると、福岡の海岸近くの方が理解しやすいですね。

福岡県は、古くから発展していた土地で、同じ地名が日本各地にあります。

そこの出身の一族が移動した先と考えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cel********さん

2017/6/622:10:36

高千穂だといいな、と思います。実際いったときすごく神秘的だったので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wek********さん

2017/6/621:28:15

私は高千穂町だと思いますよ(^^)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kam********さん

2017/6/621:22:06

分かりませんねえ。。。。。。

高千穂は、いい感じですねえ。。。

高千穂峰はピンときませんねえ。。。

志賀島は浸食されすぎて、もうクニを留めていませんねえ。。。

さて、宗像大社辺りにヤマタイ国は如何でしょうか。。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる