ここから本文です

友人と同じ人を好きになりました。 大学生の女子です。 細かく言うと、友人が...

アバター

ID非公開さん

2017/6/623:51:31

友人と同じ人を好きになりました。

大学生の女子です。
細かく言うと、友人が「○○のこと好きになった」と打ち明けてくれた人が私の好きな人でした。
相手は部活の一個上の先輩です。
もと

もと私と友人はその先輩のこと推してました。(ファンのような)
2人で先輩の良いところ言い合ったり、キャーキャー言ったりしてました。

でもだんだん私は好きになってしまい、なんとか仲良くなろうと頑張ってました。

ですが先日、その友人から
「ねえ、先輩のことガチで好き?」と聞かれ、
「普通に大好き!」と答えました。そしたら
「私ガチになっちゃった。ずっと言おうと思ってたんだけど、、、」と打ち明けられました。
その場で自分の気持ちを言うことができず応援する形になってしまいました。
今までみたいに好き好き言うこともできなくなり、近づくことも遠慮しがちです。

自分の気持ちを友人に打ち明けてない私が卑怯なのはわかってます。でも打ち明けて友人と疎遠になるのも嫌だし、先輩も諦めたくないです。

先輩と話すだけで楽しくて幸せでしたが、その子の目が気になって仕方ありません。

その子は他の友人からも好かれていて、「▽▽(友人)といるといつも笑顔になれるよ」と言われるくらいです。

身を引くべきなのでしょうか、、、。どちらも失いたくない私はわがままなのでしょうか。
今後どうしていけば良いかアドバイスお願いします。

補足部活の先輩としてとても尊敬できる人なので、ご指導いただくことがあります。ただ、私は周りの目をすごく気にするタイプで、先輩のこと好きだと打ち明けてしまったら、そのご指導も受けにくくなるのかなと思っています。(友人に、近づくための口実だと思われたら嫌なので)

劣等感、あります。
会話してて楽しいのは友人の方だと思います。
しかし四月にできたばかりの友達です。正直親友とまではいかず、苦手だなと感じる部分もあります。私と合わない部分が結構あると感じることもあります。でも悪い子ではないんです。友達も多いし、信頼されてるし。ですから、友人と先輩を比べることができません。

閲覧数:
109,738
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

org********さん

2017/6/701:07:49

「こないだは言えなかったけれど、私も先輩のことが好き。あなたのことも友人としてとても大切だからあの時は言えなくて、でも、よくよく考えるとやっぱり私も先輩のことが諦められないの。恨みっこなしで一緒に頑張れないかな」とご友人に言えばよいだけではないでしょうか。

ただし、質問者様が、ご友人>先輩とはっきり思っているのであれば、ご友人を応援して、先輩をすっぱり諦めるという方が良いです。

なので、ご自分の心はまずはしっかりご自分で探ってみるべきです。

ご友人か先輩かどちらが自分にとって優先されるか分からない場合は正直にご友人に言った方が良いと思います。

その時のご友人の反応も、今後友人関係を続けていくにふさわしい方かどうかを判断する重要な材料になりますし。

前回言えなかったのは「卑怯」とは思いません。 ご友人を大切に思ったからと私は微笑ましく読みましたよ(若干ご友人への劣等感もあるかとは思いましたが)。


上記のように言って、友人を失うかもしれないし、先輩と付き合えるかどうかも全く未知数なので、友人を失う+先輩も失う、という恐怖の事態が待っているかもしれませんが、その最悪の場合でも、「ご自分」をご自分はしっかり守ったのです。


人生で一番長く付き合っていくのはご自分です。

ご自分の気持ちを大切にすることはとても大切です。 ただし、自分可愛さのために「ご自分が」正しくないと思うことをすれば、後々苦しむのはご自分ですから、それも注意して。

ただ、自分が正しい、善いことを思ったことではなく、単に他人の思惑を気にして行動しているのであれば、それは勇気をもってやめることが今後の人生のためにも必要かと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる