ここから本文です

松田優作さんの「野獣死すべし」に衝撃を受けました。 とにかく内容を教えてくだ...

ano********さん

2017/6/1116:23:44

松田優作さんの「野獣死すべし」に衝撃を受けました。
とにかく内容を教えてください、自分は能力が足りない為に想像が出来ません、それぞれ個人様の主観でイイので、とにかく内容の解説をお願いします。

1、知恵袋で、伊達はカメラマン時代に既に人を撃ち殺した快感を得ていた説がありますが、
カジノで3人を殺した時に酷く震えていたので、この時が伊達が人生で初めて人を殺した瞬間だったと思うのですが、それであってますよね??

2、オーケストのシーンで、小林麻美さんが周りを気にしていて、まるで伊達が来るのか?とそわそわしている様子だったのですが、これはおかしくないですか??
クラシックコンサオートの座席は、毎回必ず決まってるのですか??誰が来るかもわからないのに、なぜ小林さんはそわそわしていたんですか??
(その時の優作の後ろには、NESの増田にそっくりな人がいますが、ラストでのクラシックでは、そこの席には違う人なので、席は決まってないはず。)

3、同じく、そのシーンで、優作が小林麻美そっくりの顔になるのは、偶然ですか??それとも優作さんの意図したお遊びですか??
それとも、これはなんの意味なんですか??

4、電車の時に、白黒の死体の写真が出てきましたが、これは偽物ですよね??
ホントに人が死んでいる写真ではないですよね??そんなリアルな写真なんて映画で使われるはずがないし。でも見た感じ、なんかリアルっぽくて疑問に思ったのですが・・・。


5、刑事を殺して電車から飛び降りた時は、東北あたりですよね?
戦争なんて起きてない安全な場所なはずなのに、なぜ急に白黒映像で爆弾の映像があるの??
これはなにを表現しているの??優作が勘違いして錯乱を起こして、今戦争中だと間違えたの??
えも、なぜそこに鹿賀さんまで付き合ってるの??

6、洞窟はなんなんですか??こんなところはありませんよね??優作が妄想で勝手にそう見えていただけで、実際は人の家に入っていたのですか??
そこで出てきた女は、アフロヘアーwwwなんなんですかこれ???本当はこんな女は今時いないはず。
要するに、優作がベトナムで見てきた女が脳内で再現されたってことでOKですよね、流石に。。実際は普通の髪型の女だったが、優作にはそういうゲリラの少女に見えたってことでOKですよね??


7、洞窟で鹿賀さんに犯された少女は、いつのまに死んでいるんですか??
おかしくないですか??殺されてないのに、いつのまにか死んでいる・・・。ありえませんよね??
ということは、これは「夢の説」なりません??夢の中ならなんでもありだから。。
しかし、伊達の夢の説が立証されてしまえば、そんなの作品としてなんでもありになっておかしいので、僕は夢ではないと思うのですが。その少女がいつの間にか死んでいることが謎なのです。。

8、伊達が、カメラマン時代に人を殺してジャングルをさまよい回って人を殺す快感を得ていたと告白していますが、これは伊達の錯乱ですよね??
実際は、カジノで人を殺したのが初。そして、この洞窟へくるまでにジャングルらしきところを走り回ってる。
つまり、これらが錯乱して、ごっちゃになってしまい、
実際は「戦場でグロな写真を撮り続けていた」という事実があるだけで、その後のカジノ襲撃と、ジャングル走り回る、などなどの件がごっちゃになって錯乱して、少女を犯している鹿賀に対してそう発言していたってことでOKですよね??


9、最後の最後は、優作の演技説だと僕は思うのです。血が出てないから。
銃を売ってもらった人を殺した時に血が出てましたじゃん。だからこの作品では血が出てるのをちゃんと表現する作品と言うこと。
だから、ラストで優作が血を流してないということは、これは撃たれてなんかないということでOKですよね??
ホールを出てすぐに、優作が空を見上げました。
そこで「あぁ平和だな・・・僕は生きている。。でも人をたくさん殺してしまったな・・・」
という自分を責める気持ちが沸き、そこで撃たれて自分が死ぬ演技をしたか、もしくわ錯乱して撃たれたと間違えたか、、だと思うのですが、あってます??
人を殺す快感を知ったから、逆に殺されるカイカンもあると、優作は味わってみたいと思っていたんじゃないでしょうか??

そしてなによりも、最後の映像の絵の縮小化がすべてを物語っています。
ズームアップから最後に、「絵」を表現して終わっていることからして、この優作のは撃たれた演技、つまり「お遊び」だという表現じゃないでしょうか??
(優作に演技症があるのは、家で銃を向けて撃たれた振りをしていたことからして分ります。)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
892
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tig********さん

2017/6/1523:58:10

1 >この時が伊達が人生で初めて人を殺した瞬間だったと思うのですが、それであってますよね

え?そうなの?
これ、伊達の回想通りに彼が戦場で彼が殺人を行い、その喜びに目覚めてしまったと普通は考えると思うのだけど。。。
そう取らない理由を逆に知りたい。
カジノで震えてたっていうけどあれは伊達がはじめて自分の意志で意図的な殺人を起こそうとしていたわけだから、緊張するのは当然じゃないかなー。
彼は別に殺しのプロってわけでもないし。

2 これは確かに現実的じゃないかもしれないけど、彼女には伊達が来るような予感があったんじゃないかな。
あの男自体が現実社会から遊離したような存在だから、普通考えたら起こり得なそうな事もやってしまいそうな雰囲気があるでしょう。

3 おぼえてないです。

4 写真は本物でしょう。あのような戦場の写真は山ほどあるし、わざわざそれっぽいものを製作するよりも本物を使った方が安く済むし。
監督の村川も優作兄貴もそのあたりは本物志向で臨むと思うし、なんせこれ、いろいろと小うるさくなった最近の映画じゃないからね。
戦場の悲惨な有様を捉えたドキュメンタリー映像なんか当時は普通にテレビで流してたよ。今じゃ無理だけど。

5 あれは、伊達の中で戦争が始まったということの映画的表現だと思う。錯乱、というには伊達は冷静だ。彼は戦争をしていて、彼の心の中ではここは戦場なんだということの表現だと思う。
鹿賀は頭のおかしい奴だから、そうした伊達の狂気に同期したんじゃないかな。

6 あれ洞窟だったっけ?なんか暗いトンネルみたいな場所だったような記憶があるんだけど、違ったか。
まあ場所はどうでもいいことだと思うけど。伊達には洞窟に見えたってことかもしれないし、本当の洞窟かもしれない。
で、アフロ問題だけど、これって1980年の映画だから。21世紀の映画じゃないから。あの髪型は別に不思議じゃないから。
俺の知り合いのおばさん、当時あんな髪型してたよ。

7 まあ、どっかで殺してしまったんだろうね。

8 >これは伊達の錯乱ですよね??
どうしてそう考えるのかな?別に伊達の告白通りだと思うのだけど、それを疑う要素は特にないと思うのだけど。。。
カジノの場面に関しては先に述べた通りです。

9 これは作り手が観客に解釈を委ねている場面だから、どう取るかはあなたの自由です。
俺は単純に、当時は犯罪者が逃げおおせる映画はまだ一般化していないから、なんらかの形で伊達が死ぬような設定にしようとして、でもうまくオチもつけられないからあのような曖昧なかたちにしたんじゃないかって思った。

とにかく、繰り返すけどこの映画は1980年製作だから、いまの価値観とかかなり違った角度で見る必要はあると思いますよ。
俺はこの映画をリアル80年に見た世代です。


ベネット

  • 質問者

    ano********さん

    2017/6/1620:44:10

    1についてなのですが、伊達は賢く吸収力が高い人そうだからカジノで殺した後にあんなに手が震えて銃をなかなか離せなかったってのは、ありえないと思います。あの時が初めての体験だったとしか思えない。
    で、洞窟では妄想の錯乱だとしか思えません、電車を降りた時からすでに飛行機で狙われてると勘違いして錯乱を起こしてますので、そんな精神状態での伊達の話は当てになりません。(以下、解説)

    そんでこの映画の洞窟で鹿賀丈史がゲリラのアフロ女を犯してる最中、優作が錯乱しているのが超面白いが、これが良く分かるんだよねw
    優作は、戦場のカメラマンを解雇になって帰国して、冒頭のシーンで人をはじめて殺してそのカイカンに目覚めて野獣になったんだけど、その後の出来事の時系列がごっちゃになってしまいw 、

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる