ここから本文です

バブル経済の時、何で加熱する不動産市場の取り締まりを行わなかったのですか?

アバター

ID非公開さん

2017/6/1309:34:36

バブル経済の時、何で加熱する不動産市場の取り締まりを行わなかったのですか?

閲覧数:
73
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bec********さん

2017/6/1309:42:57

行いましたよ。

だからバブル崩壊を招きました。

だけど、取り締まりが遅かったですよね。

たぶん、政治家も投資してたし、不動産会社から賄賂も受け取っていたから遅れたと思われます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bla********さん

2017/6/1318:36:43

なんでって言われても、取り締まる法や規制がなかったんだからしたくても出来ないじゃん。

aku********さん

2017/6/1318:14:34

>何で加熱する不動産市場の取り締まりを行わなかったのですか?

いやいや。あった。

①俗に「スーパー重課」といって、保有期間1年未満の超短期不動産譲渡所得に対してその譲渡益の93%が税金として課された。

②今でも20000㎡を超える土地取引などには規制対象となっているんだけど、国土利用計画法に基づき、その売買をいくらで誰と行ったのかを届ける義務、規制があった。しかも今とは違い、取引する前に(今は事後報告のみ。価格勧告も公表もない)、誰と、いくらでと届け、万一、お役所が「その取引は高い!」と判断した場合には、取引価格を役所に従うか、従わなかった場合には役所が「この土地を、こいつとあいつはこんな金額で取引しやがった!」と公表された。そしてその届出義務も、東京や大阪だと土地面積100平米以上と、一般住宅でさえもその対象だった。

③当時の大蔵省による不動産貸付の総量規制。都銀、地銀、第2地銀、信金、信組の金融機関に対して、ある日突然、大蔵省が「今日の不動産貸付の残高以上に不動産融資を行うな!」とお達しを出した。これにより各金融機関は事実上で新規の融資ができなくなり、銀行から不動産市場への資金が流れなくなった。
但し、信販系や「住専」と呼ばれた住宅金融専門会社はこの網の外で、後のバブル崩壊で巨額負債を抱えることになった。

beg********さん

2017/6/1310:31:25

しました。

監視区域も定められました。

この行政による取り締まりが、現在の不景気の根源を作りました。

アバター

ID非公開さん

2017/6/1309:45:58

取り締まろとして、総量規制と金利引き上げをしましたね。

結果として、これらの規制がキッカケで(その前から前兆はあったという説もある)、日本経済は、急激に失速しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる