ここから本文です

シエンタの購入を検討していますが、ハイブリッド車とガソリン車で迷っています。 ...

ken********さん

2017/6/1522:45:26

シエンタの購入を検討していますが、ハイブリッド車とガソリン車で迷っています。
試乗した時はもちろんHV車の方が静かでスムーズな走りで良く感じました。
でも値段差を考えると躊躇してしまいます。

ただ新車の頃はHV車がすごく良く感じても、乗り慣れてくるとそうでもないなんてことが怖いです。

そこで、半年や一年以上の間、実際に乗っている方に感想をお聞きしたいです。
HV車にしておいてよかったとか、それほどでもないなとか。また逆にガソリン車の方でHV車にしておけばよかったとか、ガソリン車にしておいてよかったとかありませんか。

燃費などの経済性ではなく、乗り心地や運転の快適性の点での評価でお願いします。

補足早速の回答をいただき皆さんありがとうございます。使用は週に2・3度でほとんどが市街地走行です。それにHVにバッテリー寿命があることを完全に忘れていました。ガソリンGにするのが良さそうですね。今度の日曜日にどちらかで契約する予定です。ほんと助かります。

閲覧数:
1,552
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2017/6/1622:50:17

シエンタHVを購入して1年8か月になります。燃費がいいというだけではHVの購入動機にはなりません。

静かな走行、渋滞中一々エンジンがかからない、エンジン停止中でもクーラーが効く、ブレーキパットが全然減らない⇒ブレーキダストでホイールが汚れない、いざという時の100V電源(オプションですが)、などガソリン車では体験できない利点があります。

それとHV特有の燃費のいい走行の仕方というのが奥深くて、運転に飽きることがありません。良い記録を目指して日々精進です。また燃費のいい走りをしていると、自然と安全運転になっているのも見逃せません。

さらに最近は静かさを楽しむようになりました。音楽を消して、窓を開けて信号待ちをしていると、草木を揺さぶる風の音や虫の声なんかが聞こえてきて(田舎なもので)、なんとも心が落ち着きます。

値段は少々高かったですが、HVにして本当に良かったと思っています。

  • 質問者

    ken********さん

    2017/6/1721:10:15

    それなんですよね〜燃費の良さではだけでは測れないHVのよさ・・・。
    HV車を購入したことのない自分としてはnandayokoさんの言われることにすごく魅かれます。
    明日ガソリン車で決めようかと思ってるのに・・・ものすごく魅力的な回答ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2017/6/1800:34:29

補足を見て
>それにHVにバッテリー寿命があることを完全に忘れていました。
HVのバッテリーは交換不要で15万~20万キロ走りますよ。
プリウスのタクシーがいっぱい走っているのは知っていると思いますが、その車のHVバッテリー交換距離が15万~20万キロです。

ちなみにガソリン車はHVバッテリーがないのは当然ですが、トランスミッションがCVTです。CVTも15万~20万キロで交換です。

トヨタのHV車はトランスミッションがないのでこの交換が不要です。

なので、ガソリン車もHV車も部品の交換という面では費用もコストも変わりませんよ。

wan********さん

2017/6/1608:55:07

ハイブリッドモデルとガソリンモデルでの燃費差は、金額にすると大した額にはなりません。
ハイブリッドモデルはモーター駆動できるので、スタートからのトルクが大きく静かでスムーズです。
その性能だけで、ガソリンモデルとの価格差程度の価値はあると思います。
その価値を感じなければ、ガソリンモデルを選ばれた方が良いでしょう。

燃費を向上させるために、エンジンの熱効率を上げるためにアトキンソンサイクルを採用していますから、エンジンはかなり非力化されています。
搭載されたハイブリッドシステムは動力分割機構という独自なもので、エンジン出力の一部で常に発電し、発電した電力でモーター駆動します。
エンジン直接駆動とモーター駆動が合成されますが、駆動用バッテリーの電力が十分で無いと、合成された出力はエンジン出力よりも若干少なくなります。
ガソリンモデルよりも運動性能は落ちてしまいますから、キビキビ走るならハイブリッドモデルは適しません。

ちなみにハイブリッドモデルが搭載する駆動用バッテリーの寿命は概ね車両の寿命は十分にあります。
特に過走行でない限り、廃車まで駆動用バッテリーは無交換というのが普通です。
エンジン等の寿命と同様ですから、余程運悪く故障しない限り交換はあり得ません。
バッテリー交換が必要というのは、都市伝説ですから。
確かに、初代プリウスだけは充放電制御が未熟でメモリ効果を発症して交換は多かったようですけど。
そのため、初代プリウスはバッテリー交換は無料となっています。

(kenkenken0774さんへ)

h20********さん

2017/6/1600:44:21

私はシエンタのガソリン車を購入しました。

理由としては価格差と燃費差ですね
確かに燃費はHVが良いですが実燃費は7キロぐらいしか差はなく、そしてシエンタのガソリン車とHVの価格差は約30万あります。この30万の価格差を埋めるには13〜14万キロは走らないと元が取れません
年1万キロ走っても10年以上かかるため私には合わないと思いHVはやめました。

またHVは高速道路で遠出だと燃費が落ち逆にガソリン車は燃費が上がりガソリン車とHVの燃費差はほとんど無くなります。

静かさ以外は乗り心地はほとんど変わらないです。まあガソリン車もアクセルを深く踏まなければ静かな方です。

mon********さん

2017/6/1522:59:25

金銭的に余裕がある人はHV車も良いかも知れません。
購入時の価格と、バッテリー等の寿命は、五年位です。
その時の費用を浮かせる程のガソリン代の節約にはなりません。
そして高速道路走行時はあまり気になりませんが、市街地走行では瞬発力の弱さが苛つきます、更に信号待ち等でアイドリングストップしたらクーラーも効かなくなるのも困ります。
色々気になる事が多くて、私は、HV車を新車で購入しましたが、2年も我慢出来ずに、ガソリン車に乗り換えました。
参考になりますか。
見栄とか自己満足したい人にはHV車が良いかもです。

you********さん

2017/6/1522:59:24

使用用途次第って感じ。

妹は、ガソリン車に乗ってます。
何回か乗ったけど、ガソリン車でも静かに感じたけど・・・
週に1~2回買い物で乗る程度なので、ハイブリッドじゃなくてもイイみたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる