ここから本文です

会社更生法ではなく 民事再生法を選んだタカタの経営者は、 図々しい ですよね?

mannkookennさん

2017/6/1706:26:28

会社更生法ではなく 民事再生法を選んだタカタの経営者は、 図々しい ですよね?

・・・・・・・・・・・・

会社更生法を適用した場合、経営者は経営権を失うが、民事再生法の場合、債務者である経営者が事業を継続しながら再建を図ることができる

民事再生法,経営者,タカタ,債務者,会社更生法,シートベルト,更生法

閲覧数:
874
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun_jun_kwさん

2017/6/1711:37:31

まあ、経営陣が一存で決めた事でしょうが、
旧経営陣が、欠陥を放置し隠蔽し続けた結果として、
招いた事態なのだから、すっきりしない感は強く残りますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

korishou1さん

2017/6/1807:43:23

図々しくはありません。民事再生法にはそれなりの目的が在り、経営者の残留のみを目的とした物ではありません。
タカタとうのは、元々、非常に(特にシートベルト)優良な会社で在り、たまたま、不運のため問題を起こした会社です。
会社更生法ではなく 民事再生法を選ぶのは、寧ろ当然と思いますが。

まあ、とにかく先代の社長でもっていたような会社ですね。すごい技術者です。シートベルトの内部構造を調べたことがありますが、その技術には驚嘆しました。
エアバックに手を出したのが、結果的には失敗だったのでしょうけれどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。