ここから本文です

投票受付終了まであと5日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

B型肝炎キャリアのHBc抗体IgGの急上昇について。 知り合いに聞かれましたが、...

アバター

ID非公開さん

2017/6/1910:04:09

B型肝炎キャリアのHBc抗体IgGの急上昇について。

知り合いに聞かれましたが、答えられなくて、専門家にご回答いただきたいと思います。

知人が10年前に感染してそのままキャリアになってしまったらしいですが、毎年2回血液を検査して腹部エコー、肝機能、AFP、PIVKA-II、HBsAg、HBs抗体IgG、HBc抗体IgG、HBV-DNAの量などを測定して監視しているそうです。HBV-DNAはいつも最大2.4~ケンシュツセズの間に行き来していて、HBs抗体IgG(-)、HBsAg(+)ながら低い値、またHBc抗体IgGがずっと10前後で推移していたそうです。しかし、直近の測定では、HBsAgが0.64、HBV-DNA未検出ですが、HBc抗体IgGだけが123まで急上昇して、過去に比べ12倍以上急上昇したので、この変化はどう解釈すれば良いのでしょうか?慢性肝炎が悪化する前触れでしょうか?ちなみに、AmylaseとALPが直近3回の検査で2回も若干上限を超えています。本人も1年半前から慢性下痢が続き、うんちが臭いそうです。また、この数か月間(消化系統の)体調がよろしくないと感じているといっています。

閲覧数:
49
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

vaibs071さん

2017/6/1919:30:53

これから再燃→HBV-DNA上昇の可能性があるよ~

VAIBS

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/06/2010:13:18

    HBc抗体の上昇で再燃に結び付く理屈(根拠または科学的な知見)があるのでしょうか?似たような例がありますでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pwdhangさん

2017/6/1910:35:15

B型慢性肝炎(キャリア)と分かってしまえばHBc抗体を継続的に測定する意味はありませんし、その増減が何らかの病態を反映する事もありません。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。