ここから本文です

半導体、シリコンウエハ、DRAMの関連がわかりません。 半導体の中のシリコ...

blu********さん

2008/7/422:07:01

半導体、シリコンウエハ、DRAMの関連がわかりません。

半導体の中のシリコンウエハですよね?

DRAMは記憶方式ですか?

アドバンテストなどはDRAMで世界1位ですが、シリコンウエハなどもせいぞうしている

るのでしょうか?

閲覧数:
2,546
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a_r********さん

2008/7/422:35:43

半導体、シリコンウエハ、DRAM
半導体は、導体と絶縁体の中間なので、半 導体。
ICとかDRAMとかを総称して、半導体といいます。
シリコンウエハは、IC/DRAMなどを作るための台座。
DRAMは、半導体メモリーの一種類
Dynamic Randam Access Memory
アドバンテスト は、よく知りません。
半導体そのもの(DRAMなどは)を作っていないと思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ham********さん

2008/7/500:52:27

半導体といっても、DRAMやフラッシュメモリー、LSIなどいろいろ個別製品には種類があります。

まず、半導体の原料になるのがシリコンで、それを半導体製造用に加工したものがシリコンウエハ。それは信越化学や、SUMCOなどが製造しています。ま簡単に言うと、金属の固まりです。

半導体は、いろいろ加工しますので、いろいろの分だけ種類が違う製造装置が必要です。東京エレクトロンや東京精密、新川とか大小いろいろな会社があります。キヤノンやニコンは知らない人にとっては意外な半導体製造装置メーカーですね。半導体のもとの細かい回路は、簡単に言うと、写真で回路を焼き付けるので、この2社が技術を持っています。ついでに、ほかの会社が参入しずらい分野です。

実際は最初に挙げたいろいろな種類の半導体を作ります。DRAMはパソコンなどのデジタル機器の短期記憶装置で、テレビや携帯電話でも使いますが、基本はパソコン向けです。基本的には汎用品で、どの製品も基本的に同じもんです。DRAMメーカーは昔は日本の大手が得意でしたが、今では韓国のサムスンが最大手で、エルピーダはNECのなごり。キマンダはドイツのシーメンスが源流ですので、元は大手がやっていましたが、あまりにも競争が激しすぎる割にもうからなくなったのでみんな撤退だとかになっちゃいました。景気の波を越せないくらいに競争が激しい。もともとはインテルが日本勢に敗れたくらいですので。

フラッシュメモリーは、携帯電話、携帯プレイヤーなど徐々にいろいろに使います。これも基本はどのメーカーのものを使っても同じものです。主流では東芝、サムスンが大手で、インテルなどもいます。

LISなどは大体ある個別用途に使う半導体なので、ソニーのTV用につかうものだとか、いちいち設計します。ロームなどはこういったものを作る大手です。CPUなんかもある意味この分野ですが、コンピュータの演算装置として、インテル、ADMが製造しています。

アドバンテストは個別製品の中の、DRAMの検査装置の世界1の会社です。アドバン・テストなので、テストするテスターの会社です。その他横河電機なども事業を持っています。

フラッシュや個別LSIのテスターはアドバンテストは弱くて、アメリカの会社が強いです。
他各分野にも日本以外の強い会社も多いですが、比較的先進国が製造装置自体は液晶も含めて強いです。

なので、質問に合わせて答えると、DRAMは記憶方式といえば記憶方式ですが、ある分野に特化した専用汎用半導体だと思えばいいと思います。アドバンテストがDRAM世界一ではなくて、DRAMテスターで世界一です。基本的にはこの分野だけの会社だと思ってもいいくらいでしょう。シリコンウエハは信越化学などが製造しています。

ついでに私見を申しますと、あまり進歩がなくなったので、どちらかというと単に景気循環業種になってしまっています。進歩がないってことは、追いつかれる可能性が高いので、製造装置分野も韓国台湾勢が押し寄せてくるのは近いかもしれません。たぶん10年くらいはそんな調子なのかもしれませんね。

そうそう、ついでに豆知識として、半導体は大量に同じものを作るので、その不良品率が低ければ低いほど製造コストが安くなるので、その検査装置は重要な分野です。たとえばメーカーが、パソコンや、TVなどデジタル機器を出荷するつもりなら必ず検査をしていないといけません。ということは、大手メーカーが消費者に製品を売るつもりがある、いいかえると景気が良くなってきそうっていう時にはすでに検査装置は購入して、検査をしていなければなりませんので、回りくどいですが、景気が良くなりそうなら検査装置や半導体製造装置を買って製造・検査しているので景気の最初に業績が上がり始めるってことです。
整理すると、景気が悪く株が安いときから徐々に回復するので、世間がまだ夜明け前の前に、先の夜明けが来る業種ですし、逆に景気が悪くなりそうになったとたんに、受注が減ります。

pol********さん

編集あり2008/7/422:50:57

シリコンウエハーにレジスト液で25回位パターンを付け素子を作りこみした物が半導体で、DRAMは記憶専門のひとつの半導体の種類です。超大規模半導体の種類は様々です。一枚のシリコンウエハーで100個以上の超大規模半導体が製造されます。
アドバンテスト社は製造したシリコンウエハーを検査する装置を作る会社です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる