ここから本文です

さらに続ける。 次の一節を発見した。 右のとおり「一弟子六人」の定め...

mifune_00999さん

2017/6/2005:40:16

さらに続ける。

次の一節を発見した。

右のとおり「一弟子六人」の定めは、「為向後」、すなわち「今後のため」「これか らのため」であると日蓮はいっている。

しかも「此状六人面々可帯云云、日興一筆也」とあるように、わざわざ日蓮が、六人それぞれに、この「定」を携帯させ たこともわかる。

すなわち六人それぞれに徹底を促したものである。

この『日蓮遷化記録』は、翌弘安六年正月に定めた「墓所可守番帳事」にいたる まで、日興の一筆で記録され、これらの「定」に相違なきことを確認するため、一弟子の日昭・日朗・日興・日持(日向・日頂は他行)が継目裏花押を据え、日 興は継目裏だけでなく、表面の「執筆日興」の下にも加判・念記した。

ところがこの日蓮の選定、一弟子の署判・念記を嘲笑うかのような文献(偽書)がある。
長倉氏が「偽作を明らかにした論考を見たことが無い」(『日蓮仏教研究』7号85P)といい、「宗祖の真撰遺文と拝しています」(『日蓮正宗教学研鑽所紀要』3号205P)という『二箇相承書』がそれである。
この『二箇相承書』の偽作者は『日蓮遷化記録』の存在すら知らないような無知蒙昧な人物で、自門の正統性以外、何も考えていない独善的思考の強い者と推断される。
その内容は、日蓮が今後のためにと定め、六人にわざわざ携帯するよう遺言した「一弟子六人」「不次第」を否定し、実はその5日後に、日興のみを身延山久遠寺の別当と定め、これに背く在家・出家は非法の衆である、といった滅茶苦茶な内容である。
書き下して引用しておくと、

偽書① 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す。一身延山久遠寺の別当たるべきなり。 背く在家・出家共の輩は、非法の衆たるべきなり。 弘安五年壬午十月十三日 武州池上 日蓮花押 さらにこれとセットで伝わる次の偽書もある。

偽書② 日蓮一期の弘法白蓮阿闍梨日興にこれを付属す。本門弘通の大導師たるべきなり。国主この法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。 時を待つべきのみ。事の戒法と謂うはこれなり。なかんづく我が門弟等この状を守るべきなり。 弘安五壬午九月日 日蓮花押 血脈次第 日蓮日興 この①②の偽書をセットで『二箇相承書』というが、これが真っ赤な偽書であることは、先の日興自筆『日蓮遷化記録』と比べれば、火を見るより明らかである。

補足)これも私に答えを求めているのに、答えが出来ないように小細工している卑怯な心根を糾弾するために書いた。ちゃんとアンサーリクエストせよ!

補足)回答できるように、ブラックリストに入れるな!ブラックリストに入れているから回答できないのだろう!

閲覧数:
7
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

momoko_0098さん

2017/6/2014:39:04

核保有、軍備急速増強、必須です。

日本(とくに沖縄)もチベットのようになってしまいます。

早く憲法を改正して、核保有、軍備急速増強をしなければいけません。

核保有は戦争抑止になります。核がないと敵国が攻めてきます。核とは使えない兵器ですが、このように戦争抑止に役立ちます。

自衛隊の軍備急速増強は非常に急務です

質問した人からのコメント

2017/6/23 11:37:42

有り難うございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。