ここから本文です

物理基礎について

アバター

ID非公開さん

2017/6/2320:42:13

物理基礎について

等加速度直線運動の公式は3つあると思うのですが、それぞれの問題でどうやって使い分けますか?

閲覧数:
35
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2017/6/2323:50:14

等加速度運動の公式は3つですね。

v=vo+at …①
x=vot+(1/2)at^2 …②
v^2 -vo^2 =2ax …③

これら3つの公式には、
すべて、加速度a と初速度vo が含まれています。
それ以外の2つの量が、各式の特徴になります。
①:v と t
②:x と t
③:v と x

だから、問題文を読んで、何が与えられて、何を求めるか
を読み取って、それらが含まれる公式を用いることになります。


例)
加速度a と初速度vo が分かっている場合、
1.30 [m] 進むのに要する時間 → x と t → ②

2.15 [m/s] になるまでに進む距離 → v と x → ③

3.最高点(v=0)の高さ → v と x → ③

4.再び元の高さ(x=0)に戻ってくるまでの時間 → x と t → ②

などです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる