ここから本文です

排他的経済水域では、魚介類などの水産資源や海底の地下資源は沿岸国のものとされ...

アバター

ID非公開さん

2017/6/2416:06:32

排他的経済水域では、魚介類などの水産資源や海底の地下資源は沿岸国のものとされ、また、航行や、上空の飛行、海底ケーブルの施設にはその国の許可が必要である。

という文章はどこがどう間違っているのでしょうか?

閲覧数:
148
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/2621:02:39

「魚介類などの水産資源や海底の地下資源は沿岸国のものとされ」の部分は正しいです。
「航行や、上空の飛行、海底ケーブルの施設にはその国の許可が必要である。」は間違っています。こうした事柄については200海里内であっても公海上と同じ扱いになります。その国の許可を得る必要はありません。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kaiyo/law.html

アバター

質問した人からのコメント

2017/6/27 13:08:06

ありがとうございます!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ori********さん

2017/6/2422:08:15

領海と排他的経済水域が混じっているようですね。

おそらく航行や上空の飛行については排他的経済水域で当該国の許可は必ずしも必要ないと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる