ここから本文です

サッカーのレンタル移籍制度のメリットって何ですか?下部組織になると、ほとんど...

agj********さん

2017/6/2609:46:39

サッカーのレンタル移籍制度のメリットって何ですか?下部組織になると、ほとんどの選手がレンタル移籍組で毎年選手がほとんど入れ替り別のチームになりますが。野球ではありませんよね。

閲覧数:
250
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cen********さん

2017/6/2623:36:48

若手選手等出場機会が限られる選手の実践経験を養わせることのほかに、外国人選手が3人までしか保有できないという制度が確かあったので、新しい選手を獲得したい場合レンタル制度を利用して枠を空ける目的もあったりします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enu********さん

2017/6/2610:10:27

レンタルする側は選手を他で育ててもらえる。

元のクラブの層が厚すぎて練習試合すら入る余地が無く、
出す選手がJ2なりJ3のスタメンで
90分毎試合出られるのなら、
控えでずっといるより大きな経験になる。


レンタルする側としては安い金額で良い選手が来てくれる。
良い選手を借りたおかげで昇格してしまうことも別に珍しくない。

また選手が街に愛着ができて、
貸したクラブも選手を必要としなければ
そのまま完全移籍で買えることもある。

snx********さん

2017/6/2611:09:56

今は、昔みたいにサテライトの試合が無いので、レンタル移籍によりそのチームで試合に出して貰う。

実践経験を積む。と言う事が大事なんでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bla********さん

2017/6/2611:33:20

プロ野球でも似たようなことやってますよ
同じプロ野球同士では無いですが独立リーグに育成選手を派遣しています

no_********さん

2017/6/2614:05:15

J1など名門チームにとっては現在の主力メンバーで十分な戦力なので怪我でも無い限りは若手に出番が回ることは稀です。そのため、若手が控えで腐って育たず結局いつまでもコストを掛けて下位チームから能力の高い選手を買うしか選択肢かなくなるわけです。

そこで生きるのが「レンタル」です。

主力選手として使って貰うことを前提に、活きの良い若手を格安で貸し出し、若手に試合経験を積んで貰うわけです。十分に元チームでも主力級の実力になればレンタルを解消して戦力とするわけですね。下位のチームも安く有名な選手がレンタルで獲得でき、勝利が得られる、名選手であればそれだけでグッズの販売が伸びます。お互いに得な契約になるわけです。

han********さん

2017/6/2614:42:15

>下部組織になると、ほとんどの選手がレンタル移籍組で毎年選手がほとんど入れ替り別のチームになりますが。

「下部組織」をどういう意味で使っているのか分かりません。
フットボールの世界では普通下部組織はトップチームに対してのユースを指しますので、毎年選手が入れ替わるのは当然です。

おそらくレンタルに選手を出すクラブを上部組織、レンタル選手を受け取る側を下部組織と認識していると思いますが、何らかの上下関係が公的にあるわけではなく、規定上でもそうした上下関係は認められていません。

>サッカーのレンタル移籍制度のメリットって何ですか?

レンタルのメリットは「選手を出す方」としては単純に自分たちのチームでは出場機会が無い選手に出場機会を与えられることです。現状1クラブが契約できる選手の数に制限がありませんので、特に英プレミアリーグのトップクラブなどは50人を遙かに超える選手たちと契約し、そのほとんどをレンタルに出して、成長の機会を与えつつ将来の戦力、または売却候補にしています。

「選手を借りる方」のメリットも単純に移籍金を払えないクラブが安い金額で補強ができることです。基本単年契約ですのでもちろん長期的視野の補強ではないですが、特に残留争いをするクラブなどにとっては成功すれば大きなメリットになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる