ここから本文です

重いギアで上り坂。 弱虫ペダルという漫画で、坂道でテンションが上がると次々と...

JJさん

2017/6/2719:53:45

重いギアで上り坂。
弱虫ペダルという漫画で、坂道でテンションが上がると次々とギアを上げて登攀するキャラクターがいます。
最終的には10段にして登攀していきます。
ちなみに脚質はクライマーです。

上り坂の時は軽いギアで回転数を上げてグルグル回すのがオーソドックスだとは思うのですが・・・
実際のロードレースで重いギアで登攀していく選手はいるのでしょうか。

閲覧数:
988
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Cycletrooperさん

2017/6/2720:21:07

重いギアでのダンシングで、ぐりぐり登っていく選手もいます
10段はマンガ

  • 質問者

    JJさん

    2017/6/2720:29:43

    クランクの方のギアは2つついていますよね。
    それを軽い方にして、後輪のほうのギアを一番重く(10段)しても、現実では登攀するのは無理ですか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/1 04:09:31

真波君が化け物で現実ではありえないってことがよくわかりました。
でも、坂登るときの真波君の演出は背中を後押ししてくれます(ギアは上げませんが)。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

can********さん

2017/6/3012:59:30

あれは人類には無理です。
漫画故の演出です。

平均斜度10%のあざみラインの後半でギアを上げてスピードアップとかありえない。
筋疲労で早々に脚が終わるだけ。

外国のプロだって重いギアを回しているようでも、適切なギアとケイデンスで脚の無理な負荷を与えずに走っています。
それはどの選手でも同じ。
なぜかって、それがトータルでは最も速く走れる方法だから。

irv********さん

2017/6/2810:01:45

あれアウターでやってたら、とんでもない速度なんですよw

フルームところか、のんびり走ってる自動車ならブチ抜けます。

因みにあの踏み方はパンチャーかスプリンターに近いと思う。

少なくとも普通のクライマーの踏み方では無いねw

まぁあの作品は、何故かオールラウンダーとクライマーとスプリンターしか出てきませんからなw

usa********さん

2017/6/2807:20:25

日本人には体格的に難しいと思いますけど、外国の選手なら一部にいてますね

私は登りになればテンションもギアも下がるんですがねぇ(笑

ただ作者の方は結構な勢いで王滝村の林道を登っていってましたから、作者自身の経験も含まれた表現じゃないかな?と

2017/6/2722:39:03

コンタドールって重めのギヤでダンシングして登るよね〜!
意外とコンタドールがモチーフになってないかな?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/6/2720:52:52

まず、漫画やからあんまり現実とごっちゃにして突っ込んだらアカンよ。。
真波くんのはただの過剰な演出です。

トルク型クライマーだとケイデンス型のクライマーより1,2枚重いのを踏むことはありますね。
どっちにしてもテンションで重いギアにすることはありません。速いクライマーは計算してギアを選択しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる