進化論というのは,異種間の交配があったということを認めないと成立しませんよね?

進化論というのは,異種間の交配があったということを認めないと成立しませんよね?

ヒト448閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

種分化の中間過程ではもとの種と種分化し始めた個体とは交配可能です。 種分化、種の誕生というのは、ある種の親からあるとき突然、新種の子が生まれるというのではありません。 もっとも単純なストーリーとしては、ある種の集団から分裂して隔離された個体群があり、その個体群の中に生じた遺伝子変異は繁殖を通じてその集団に広まり、そうした変異が集団中に蓄積されていった結果、もとの種集団とは生殖不能(生殖的隔離)となるような場合です。 生殖隔離が確立する前なら、もとの集団とは(仮にもとの集団との隔離が解けたとして)交配可能であるので同種あるいは亜種レベルにしかならないでしょう。交配が困難なほど遺伝子の差異が大きくなれば別種といえます。 もちろん、もとの集団との生殖隔離が確立していない段階であろうと確立した後であろうと、分離した個体群の中では一貫して生殖可能で種の同一性を保っています。

その他の回答(4件)

0

ものの考え方が根本から間違っています。 科学的事実を無視した、マヌケな発想です。 交配出来ないから異種なのです。

0

いいえ。 「異種間の交配」というのは、現在においても過去においても、それなりに起こる/起こったことがわかっていますが、別に「それがなかったら進化論そのものが成立しない」というようなものではありません。 実際、ダーウィンにしてもラマルクにしても、また今西錦司にしても、「異種間の交配」がなければ進化が成立しないような論理は立てていません。 もちろん、ある特定の種について、それが異種間交配によって成立した、と推論されているような例はたくさんあり、とりわけ植物において多いということは、galgalwishさんが指摘されている通りです。

1

>進化論というのは,異種間の交配があったということを 認めないと成立しませんよね? 高等動物ならね 同属別種ならば 例えば レオポンとか、ライガーとか 子は産まれるけど その子に生殖能力は無い 動物では 成立しないと言える 植物だと その辺がゆるいし、接木や挿し木で増えるよね 微生物だと 交配と呼んでいいのかも疑問 因みに サル(チンプ)と ヒトの共通祖先から分枝したと 進化論では言うが、RNA解析では 異種間の交配が無かったと分かった 進化論を肯定したいのか、否定したいのか分からないので、 これ以上の説明はしません

1人がナイス!しています

0

部分的には行われており、DNAからも判明しています。 ただし、進化の基本は突然変異と、その形質の何が次世代以降に残ったかと言うものです。