ここから本文です

オイルとの接触後、2~12時間で症状が現れ、最大で72時間続いたといいます。主な症...

アバター

ID非公開さん

2017/7/100:27:58

オイルとの接触後、2~12時間で症状が現れ、最大で72時間続いたといいます。主な症状は唾液の増加、中枢神経系の機能不全と倦怠、麻痺、運動失調、ふるえなどです。

また体が小さく、若い猫で重症化する傾向があったとも。中毒事故の内、9割近くが「意図的に与えた」となっていることから、人間に有効なら動物にも有効だろうという単純な思い込みが根底にあるものと思われます。
こうした中毒事故を背景とし、アメリカにおいてペットの急性中毒に対応する「ペットポイズンヘルプライン」(Pet Poison Helpline)のホームページ上では、ティーツリーオイルが毒物として扱われるようになりました。一方日本では、ティーツリーオイル配合のペット用シャンプーなどが、何の警告文もなく販売されており、いささか心配になります。

ティーツリーオイルの中毒事故
犬=337頭
猫=106頭
使用された量=0.1~85ml
意図的に用いられたケース=395件(89%)
皮膚への塗布=221件(50%)
経口摂取=67件(15%)
塗布+経口摂取=133件(30%)

閲覧数:
196
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

編集あり2017/7/119:13:27

そのオイルって、原液ですよね
日本で市販されているシャンプーでの
事故の発生は、何件ですか?

これまで数百頭の犬猫に
ティーツリーケアを使って
異常があったことはなく。

私はレメディも使います
なんか、やたら毒だという人も見かけますが??

玉ねぎやチョコレートを、ちょこっと舐めたくらいで、何も起きませんが
病院に行ったほうがいい!という人も、よくいますよね

まあ、飼い主さんの勝手ですが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる