ここから本文です

お茶を習っている方にお聞きします。 私は15年以上お茶を習っていますが、まった...

blu********さん

2008/7/702:53:44

お茶を習っている方にお聞きします。
私は15年以上お茶を習っていますが、まったく上達しません。
平点前も覚えられず、ふくささばきもうまくできません。
こんな人は他にもいるのでしょうか?

先生は良い方で、辛抱強く教えてくださいますが、お金もかかるしあまりにもうまくならないので、やめる潮時かと感じています。
お茶には才能も要るのでしょうか?私はもうあきらめるべきでしょうか?

閲覧数:
6,386
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ibi********さん

編集あり2008/7/810:30:15

私も長くお茶を習っています。
もの覚えが悪い上に、忘れるのが早くおまけに何度かブランクがありましたのであまり上達はしていません…。でも、茶道が大好きなんです!

やっぱり日本の伝統文化はいいな~ 大切にしたいな~ と思って習っています。
着物を着る機会があり、お花を楽しみ、歴史もあり奥深くて尽きる事がありませんよね…
blue_200807さんもきっと何か魅力を感じて15年も続けて来られたのではないでしょうか?それは先生のお人柄かも知れません…。(私はここが大きいです)

でも週に一度、先生の前で言われるがままに1,2度お稽古しているだけでは毎回違う内容だったりする事もあるので、なかなか覚えられないですし上達もしないですよね…。私は最近やっと、家で空(カラ)稽古したり、頭の中でお点前したり(イメトレ?)教本を見て勉強したりしています。帛紗捌きもよくしています。
それでもボチボチな感じですが…(^-^;) 新しい発見もあり楽しさは倍増してきました。
やはり練習あるのみだと思う今日この頃です。才能ではないと思います。

blue_200807さんも 是非、自主練習しつつ楽しくお稽古続けていって欲しいな~と思います。

質問した人からのコメント

2008/7/13 23:54:56

感謝 お茶が好き!というお気持ちが伝わってきて、無心にお茶と向き合っていた頃の自分を思い出せました。
私も先生のお人柄に魅力を感じて、今まで続けてきました。
勇気をもらえたので、ベストアンサーに選ばせていただきます。自主練習しながらもう少しがんばってみます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

que********さん

2008/7/916:01:53

人の事をエラソーに言えるほどお稽古が進んでいる訳ではありませんが……。


30年近くのキャリアがありながら、平点前も覚束ず、袱紗捌きも巧くない姉弟子がいます(^_^;)
加えて言うなら所作はガサツで点前も粗いですし、思い遣りや配慮という物に欠けているとしか言いようがない人です。
“見稽古”の気配がなく、他の弟子が点前の稽古をしているのを見て学ぼうという姿勢がありません。
師匠が帯等を「私はもう締めないから要る人はいない?」と言うのには先頭を切って突進しますが(笑)、「講習会に出席する人は?」と言うのには「行くのが面倒だから欠席」と断ります。
正直言って「この人は何を求めてお稽古を続けているのだろう?」と思わないでもないです。
「私、お茶のお稽古をしているのよ」と言いたいだけなのでは?と勘繰りたくなることもしばしばです。

でも、私がそう感じるのは姉弟子が点前を覚えていないからではありません。
普段から「認知症の先生に書類を書かせてお金で免状を取った」と広言して憚らず、「だから私はお点前ができなくても仕方がないの」と言っています。
(元々は今の師匠の妹弟子だったようです)
正直、師匠も持て余しているようで、言っても無駄だと思うのか、他の弟子に言うほどは細かく注意しません。
それでもやはり我慢の限界はあるようで、時には厳しく叱責します。
ですが、叱られた当の本人は「私は叱られ役だから、叱られても仕方がないの。皆に代わって叱られているの」と陰で言う始末で、全く反省の色がありません。
私を始め、他の弟子から見ると「誰の代わりでもないよ……」としか思えないんですけど(^_^;)

おそらく、この姉弟子は一生このまま続けて行くのだろうと思います。
私が理解できていないだけで、姉弟子にとっては何らかのメリットがあるのでしょうから。


あなたが私の姉弟子のような性格の方なのであれば、お止めになった方が良いかもしれません。
ですが、そんなことはないのではありませんか?
(姉弟子のようなタイプはかなり珍しいと思うんですよね……苦笑)
先の方がおっしゃる通り、何か魅力を感じているから続けてきたのではないのでしょうか?
茶道と言うと点前を第一となさる方は多いですが、そればかりではありませんよね?
何か自分が得意とする分野を見付けられては如何ですか?
例えば、茶花の名前を覚えるのが得意とか、焼物について一家言あるとか……。

>平点前も覚えられず、ふくささばきもうまくできません
両者とも基本中の基本であるが故の難しさはあると思いますよ。
「袱紗捌きを見れば技量が判る」と言われたりしますからね……。
お稽古を続ける限りは「巧く出来ない……」と悩み続ける部分でもあると思います。
私にしても、納得のいく袱紗捌きにはほど遠いです。

私は点前順を覚える際、「どうしてそのような順番になるのか」を考え、自分なりの理由付けをしています。
作法・所作には意味があることが多いので、理由付けが出来ると覚えやすいように思います。
“丸覚え”で何とかなるのは初心者の内だけだと思いますので。
また、先の方と同じようにイメージ・トレーニングをしたり、ノートを作ったりもしています。
茶道に限らずですが、「受け身」だけの稽古だと上達が遅くても仕方がないでしょうから。
見ただけで覚える事ができる方もいらっしゃいますが、私はそうではないので少しは努力するようにしています(>_<)

平点前をみっちり稽古して下さるようお願いするのも手かもしれませんね。
他の点前は、平点前の上に成り立っている物ですから。
基礎部分がぐらついていては、応用部分をいくら頑張っても無理があります。
(もちろん、応用部分から基礎部分を学ぶことも忘れてはいけませんけれど)

>お茶には才能も要るのでしょうか?私はもうあきらめるべきでしょうか?
茶道に限らず、「生業」にしようと思ったらどんな事にも才能は要るでしょうね。
でも、茶道を仕事としている訳ではないのでしょう?
“楽しみ(道楽)”に才能は必要ないと思いますけれど。

何らかの楽しみを見出せているのであれば、お続けになったら如何ですか?
止めることはいつだって出来ますから。
同じように茶道の稽古をしている者としては、楽しみを見出して続けて欲しいとは思います。

でも、続ける事が“苦”でしかないのなら止めても良いとも思います。
あなたのお気持ち一つだと思いますよ。
どのような選択をしようと、人からとやかく言われる筋合いの事ではありませんよね。
まずは何ヶ月かお休みをいただいてみて、一時的に茶道と自分を切り離してみては如何?
それで物足りなさを感じれば復帰すれば良いでしょうし、気持ちが楽になるのであれば止めれば良いのではありませんか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる