JA11Vのトランスミッション(MT)不具合について質問させていただきます。 当方、今年の3月頃より知り合いから購入したジムニーJA11Vに乗っています。 今日、2駆状態で一般道を通常の速度(5

JA11Vのトランスミッション(MT)不具合について質問させていただきます。 当方、今年の3月頃より知り合いから購入したジムニーJA11Vに乗っています。 今日、2駆状態で一般道を通常の速度(5 0~60km)で走行中に 足元が暑いなと感じ、プロペラシャフトトンネル右側(丁度運転手の左足が近い付近)に触れてみたら 通常の速度のときの温度よりも熱く感じました。 気のせいかと思うには思い当たる節がありまして。 知り合いから購入当時よりトランスミッションリヤ側のオイルシールからオイル漏れを確認していたので遂にオイル自体がかなり減ってきたせいで摩擦熱が大きくなったのでしょうか。 発熱以外には、クラッチ接続したままでシフトニュートラルの状態でエンジン始動するとクランキングから点火したと同時に「シュイーン」と言う音が一瞬します。※ターボとかと別の音です。 シフト操作ですが問題なく行えます。 それと発熱の不具合と関係があるのか不明ですが 4駆の状態で舗装面での据え切りが良くないと言うことを最近まで知らず、据え切りをしてしまいました。 これも駆動系にかなり負荷がかかるとあとで知ったのですが、これも原因に含まれるのでしょうか? また、この不具合を直すにはミッションオイル補充だけでは済まない可能性(ミッション分解や交換等)が高いでしょうか。 オイル漏れを知りつつ放置していた当方が悪いのは重々身に染みていますが、 どうかジムニー素人に知識を貸して頂けないでしょうか、よろしくお願いします。

自動車 | 車検、メンテナンス157閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

オイルシールは交換して下さい。そのときオイルを交換しましょう。音に関してはスターターが引きずっている可能性があるので観てもらいましょぅ。

携帯からでしたのであまり書けなかったのですが。 ミッションは少なからずとも熱は発生します、エンジンの熱なども加わるのでフロアは暖かくなります。 触る事もできないぐらいの熱ならそれは異常かもしれません。 ミッションオイルが自分で交換できる方なら、横のプラグを外して 油量を点検しましょう。 ミッションに異音やシフトが入りづらいなどの症状が無ければ、オイル交換で大丈夫と思います。 確かに、摩擦が大きい状態でのすえ切りなどは負担がかかりますが、曲がりにくい、エンストなどの症状などではそうでもないですが、そこで無理やり操作すると傷めます、ステアリング系のロッドジョイント類タイヤなど。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な口調と分かりやすい説明ありがとうございました。 まずはオイルシール交換とルブリケーション類の交換をして様子をみようと思います。 今後質問する機会があれば、またよろしくお願いします。

お礼日時:2017/7/2 18:10

その他の回答(2件)

0

ジムニーに限らずトランスミッションは外部から直すのは無理です。 オイルシールの交換が車上で出来るのならすぐに交換しましょう。 出来ないなら降ろしてついでに中も見ましょう。 素人ならばすぐに車屋に修理に出してください、ここで聞いても状況は改善しませんし原因を推測しても無意味です、現物を見ないと判断は出来ません。 ここで出た推測を元に貴方が修理するならまだ判りますが修理に出すならこの行為は無駄です。