ここから本文です

数時間前、今年17を迎える高校二年生の息子

アバター

ID非公開さん

2017/7/400:14:56

数時間前、今年17を迎える高校二年生の息子

に、「ノンアルコールビールを買ってきて」と

言われたのですが、私はお酒には弱く、普段

飲酒しないのでお酒について全くわかりませ

ん。

なので、その時は

「こんな時間に外に買い物は行かないよ」

と言ったら

「明後日暇だから自分で買ってこようかな」

と言っていました。

質問なのですが、未成年でもノンアルコール

ビールは飲めますか?

また、体に害はありますか?

カテゴリ間違ってたらすまません、ここまで

読んでくれた方、ありがとうごさいます。

回答お待ちしています。

閲覧数:
60
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yyy********さん

2017/7/400:18:13

ノンアルコールでもアルコールが含まれていることがありますし、商品によっては未成年は禁止と書いてあると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/5 13:05:35

いち早く的確なアンサーをありがとうございます!みなさんのご意見を踏まえた上で少し考えてみようと思います。
本当にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

eitarou01さん

2017/7/408:33:49

現在、国産のノンアルコールビールに関しては、アルコールは0.00%で完全にゼロです。

アサヒドライゼロ アルコール度数:0.00%
アサヒ ドライゼロフリー アルコール度数:0.00%
アサヒ ドライゼロブラック アルコール度数:0.00%
アサヒ ヘルシースタイル アルコール度数:0.00%
アサヒ スタイルバランス アルコール度数:0.00%

サントリー オールフリー アルコール度数:0.00%
サントリー オールフリーライムショット アルコール度数:0.00%
サントリー オールフリーコラーゲン2000mg アルコール度数:0.00%

キリンフリー アルコール度数:0.00%
キリン パーフェクトフリー アルコール度数:0.00%
キリン 零ICHI(ゼロイチ) アルコール度数:0.00%

サッポロ プレミアムアルコールフリー アルコール度数:0.00%
サッポロプラス アルコール度数:0.00%

日本ビール竜馬1865 アルコール度数:0.00%

以下輸入銘柄
輸入銘柄については1%未満入っています。

米国・テキサスセレクト アルコール度数:0.5%未満
独国・ヴェリタスブロイ アルコール度数:0.00%
豪国・ブローリープレミアムラガー アルコール度数:0.9%

なので、国産のノンアルコールビールに関しては、未成年者が飲んでも何の害もありません。

次に、ノンアルコールビールはアルコール度数が1%未満の飲み物で法律上ジュースやコーラと同じ清涼飲料水です。未成年者が飲んでも法律に抵触しません。
しかし、ノンアルコールビールは本来成人がお酒が飲めない時の代用品として開発された商品で、未成年者が飲むことを想定して開発された商品ではありません。
未成年者がノンアルコールビールを飲むと本物のビールが飲みたくなって飲酒を誘発する恐れがあるために、メーカーや販売店で未成年者への販売を自粛しているのが現状です。

17歳の息子にノンアルコールビールを買って来て飲ませるかどうかは、親権者のあなたが判断してください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

web********さん

2017/7/403:29:45

ノンアルコールビールでも
アルコール0%のものと
少しだけ入っているタイプがあります。
それは成分として、アルコール%が書いてありますよ。
つまりアルコール0%とか
アルコール0.3%とか表示されている。
日本の法律上、1%未満はお酒としての部類に入りません。
果汁ジュース等では自己発酵してほんのわずかアルコール成分が入っているものも存在する為、完全に0%には出来ない為。

ただし、飲酒で捕まる(運転等)、補導される等はノンアルコールは関係なく
アルコールテストをした時に、アルコールが残っているかで判断される。
なのでこれまたお酒とは認められていない、洋菓子、ボンボンショコラ等は食べてもいいが、結局捕まる・補導がされる基準は体内にアルコールが残っているかどうか。
ノンアルコールだから平気ではなく、ノンアルコールでも1%未満の低アルコールのものだったら、それによって体に蓄積されてアルコールが一定量検出されたら、捕まる・補導の対象となる。

1%以下であれば法律上お酒ではないので、未成年者が買うことも飲むこともできる。
ただし、実際は出来ない。
それはお酒の協会やお店が自主規制として禁止しているから。
未成年に影響を与える(通常のアルコール飲料に興味)ので、普通のお店であれば法律上禁止されていないノンアルコールでも、未成年者の販売は禁止している。

ちなみに飲酒自体は法律上当然未成年の飲酒・提供は禁止されている。
しかしながら飲むことは禁止されているだけで罰則が無い。
本人は捕まることもなく、補導はされるが徹底的に怒られるだけ。
ただし、それを知ってて容認していた親御さん、そして販売・提供した者に関しては罰則があり、捕まる。

2017/7/401:02:34

実際にはアルコールが含まれるノンアルコールビールは非常にまれです。

また、未成年者は禁止などと書かれたノンアルコールビールはありません。
成人向けに開発されましたというようなことは書いてあります。

よく、ノンアルコールものを飲むとアルコールに興味を持つからダメという意見がありますが、私は、そもそもアルコールに興味を持ったからノンアルコールという思考になったのであり、順序が逆だと思います。
私は、アルコールに手を出すくらいならノンアルコールもの飲んどけという考え方でいいと思います。

アルコールが微量でも含まれていれば、そう書いてあります。
例えば、アルコール度0.6%とか。

未成年者が買えるかは、お店の方針により異なります。買えないところの方が多いはずです。

未成年者が飲んだからといって害はありません。
飲ませるかどうかは、親の判断でいいと思います。

ちなみにですが、子供が将来アルコール依存症になりやすい家庭というのが統計で出てまして、一番多いのが親がアルコール依存症である家庭。
次が、なんと親がお酒をほとんど飲まない家庭なんです。

親がアルコールと適度に付き合っている姿を見せないため、子供がどうアルコールと接してよいか分からないためだと考えられています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる