ここから本文です

愛知県新城市の60代の親戚が言ってました

impishmikuさん

2017/7/711:17:48

愛知県新城市の60代の親戚が言ってました

愛知県豊橋市から長野県辰野を走るJR飯田線ですが線路を敷く時に30万の朝鮮人が強制連行されて長篠だったか寒狭川だったか険しいエリアは崖を掘ったり岩山を切り崩したり大変な箇所は朝鮮人が投入され崖から落ちてたくさん犠牲者も出たとマジメに教えてくれました

強制連行の朝鮮人のための慰霊碑や石碑なんかない!

と言ってました

うそくせーと思いますが身内ですし情報弱者の田舎老人ですし本気の朝日新聞の愛読者ですのでへぇ〜と空返事しておきましたが、資料ありますか?

強制連行と徴用は違いますし仮に徴用だとしても閉鎖的で排他的な新城長篠あたりの田舎の人たちが格下と見下してる外国人が大挙して険の工事してたら話題になり資料館なりできると思いますが何もないと思います

織田徳川軍と武田勝頼軍の長篠の戦いの歴史資料館は立派な佇まいでありますが

ただ鳳来長篠に近い新城市の小学校の授業で
秀吉の朝鮮出兵の時に日本軍を裏切り数名の部下と韓国軍に投降し以後韓国のために戦った沙也加将軍なる人物を称える授業があったり韓国の旗の由来を教えたり三世代学級なる儒教的な授業がありましたので実はたくさん地域にいるのかなと思いました

資料よろしくお願いします

補足wikiより抜粋してきました

1929年8月の天竜峡駅 - 門島駅間の着工後も工事は放棄されることなく、1930年には南から三河川合駅 - 出馬駅間も着工した。しかし、中央構造線のもろい地層と、天竜川峡谷の断崖絶壁に阻まれて工事は難航。コスト削減のため、実際の土木工事は、ほとんど朝鮮半島から来た人々が担った。それでも会社の資金繰りは悪く、朝鮮人の労働者は労働争議に訴えてようやく不払いの賃金を一部だけ獲得するというありさまであり、もろい地層の工事にもかかわらず保安設備は劣悪で犠牲者が続出、恐れをなした朝鮮人労働者が現場から逃げ出し、近隣の農村に駆け込む事態も起こった。

閲覧数:
117
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the_peepmanさん

2017/7/712:17:47

飯田線の敷設は、民鉄4社、豊川鉄道・鳳来寺鉄道・三信鉄道・伊那電気鉄道の建築敷設です。

豊川鉄道は、明治時代、豊川稲荷の参詣客輸送

鳳来寺鉄道は、1921年(大正10年)豊川鉄道の観光延長

伊那電気鉄道は、伊那地方の地域開発を目的に、1909年(明治42年)の辰野-松島間開業から、1912年(明治45年)の松島-伊那町間開業までで全線電化で工事を終えています。




三信鉄道:三河川合駅 - 天竜峡駅は、鉄道が投機の対象で、東邦電力と天竜川電力という電力会社が、電源開発(発電所建設など)の資材や労働力運搬のため鉄道を使用するために建設。ここには、朝鮮人の労働者が投入されている。


不払いの賃金の記録が有りますから、強制連行でなく、民間雇用です。

昭和恐慌の辺りに工事がかかり、資金繰りが出来なかった結果のようです。

保安設備は劣悪で犠牲者が続出した原因も、資金繰りの悪化が原因のようです。

三菱銀行・飛島組がその後の調整に入り、昭和12年に開通を見ています。
強制連行も徴用も関係ありません。

この時代の、土木建設現場や鉱山現場などは、どこも保安設備は二の次で日本人の就労場所も半島出身者の就労場所とレベルに違いはありません。

前借金と、宿泊所・食費などの借金の上積みで、拘束労働が続く奴隷的雇用条件の職場になっていたようです。(自らの脚を食って生き延びる「蛸」、宿舎は「蛸部屋」と言われたようです)



1929年発表の「蟹工船」の地上版ですね。

不況に入る前の蟹工船では「きつい仕事だったが、給金は三月(みつき)の一航海で、ゴールデンバット一箱が七銭の時代に三五〇円からもらった」
不況に入ると、『漁夫に給料を支払う際、最高二円八〇銭』と 1/100 に下落しました。

日本中の話で、飯田線:三信鉄道が特にきつかったわけではありませんね。

尚、飯田線の国有化は昭和18年です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/7/712:07:54

嘘くさいなあ。JR飯田線が全通したのは1937年で、国有化されたのは1943年です。民間の鉄道会社がどうやって強制連行するんですか?国家総動員法の成立は1938年ですし、強制連行でも徴用でもないことは自明です。戦前は鉄道工事・ダム工事・炭鉱事故などで死傷者が出ることもごく普通で、朝鮮人にも犠牲者が出たことは疑う余地もないけど、朝鮮人だからそうだった訳でもない。そういう危険な仕事に携わる出稼ぎ労働者が少なくなかったというだけのこと。1963年に竣工した黒部ダムの工事でも171人もの殉職者が出ている。現代の感覚じゃ考えられないけど、工事に安全性が重視される意識が生まれたのは昭和30年台ぐらいのことです。格下も格上もない。無学無教養な出稼ぎ労働者が大金を稼ぐには、危険な仕事しか無かっただけのこと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

black7sandさん

2017/7/711:30:45

いつ頃の話しなんでしょう? 60代の人が知っているなら戦後?
それとも昔話として都市伝説見たいので騙されただけだなのでは?

そんな事実があれば日本が隠しても韓国は騒ぐでしょ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。