ここから本文です

松本城で案内をしているものです。

アバター

ID非公開さん

2017/7/910:53:43

松本城で案内をしているものです。

恥ずかしながら、観光客の方から聞かれた質問に答えられなかったので、調べてみたところ、答えを見つけることが出来ませんでした。知っている方いたら教えてください。
松本城の月見櫓は後から建て加えられたものですが、その下の石垣はその加えられた時に作られたものですか?
それとも、元からあったものですか?
年号や城主の詳しい情報がありましたら、それと一緒にお願いします。

閲覧数:
255
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sas********さん

2017/7/1418:52:39

・月見櫓、辰巳付け櫓、ともに建造物が石垣にぴたりと載っています。
・月見櫓は石垣部分に開口部(出入口)がありますから、建造物に合わせて石積みを行ったと考えられます。
・月見櫓の南側下、内堀に面した石垣に開口部があります。これは戦の無い時代…付け櫓や月見櫓と同じ時代に開かれたと考えるのが自然です。

○以上のことから、石垣は上の櫓をあげるために築かれと考えられます。
○時代は一般的には寛永年間(1624~1644)松平直正が三代将軍・家光を迎えるための増改築と伝えられています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる