ここから本文です

<朗報>安倍首相、やはり森友学園問題および加計学園問題に関与していない模様

empire_of_greater_japan_banzaiさん

2017/7/1019:31:54

<朗報>安倍首相、やはり森友学園問題および加計学園問題に関与していない模様

7月10日に国会閉会中の集中審議が行われましたが、安倍首相が森友学園ならびに加計問題に関与していないことが確定したようですね。
やはりどちらも役人と学園側が勝手にやったんでしょう。
最初から安倍首相が関与していないことは明白でした。
これで安倍首相の潔白が証明されたので今後も政権は安泰でしょう。
反日パヨクはまたしても大敗北ですね(笑)
私たち日本人は安倍政権を支持しています。
反日パヨクら抵抗勢力には屈しません。
皆さんは今回の審議でどう思いましたか?
安倍政権と日本人の前にまたしても大敗北を喫した反日パヨクさんの今のお気持ちは如何に?(笑)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,770
回答数:
69
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nsdbb8pgさん

2017/7/1719:33:07

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/68件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tovnug84139さん

2017/7/1717:15:53

行政が歪められた実例とは
2017年7月17日
衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査の白眉は、加計学園誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の証言だったのは間違いない。
「愛媛県にとっては、12年間加計ありきだった。今さら1、2年の間で加計ありきじゃない」
「10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『歪められてきた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」
加戸氏はこう切々と述べ、文部省(現文部科学省)時代の部下であり、首相官邸の意向によって「行政が歪められた」と主張する前川喜平・前文部科学事務次官に反論した。
これまでの経緯を熟知する当事者の言葉は重く、説得力があった。テレビで国会中継を見た多くの人は、加戸氏の説明に頷いたのではないか。
ところが、在京各紙の翌11日付朝刊を読むと、加戸氏の発言の扱いは小さかった。特に朝日新聞と毎日新聞は、閉会中審査に関して大きく紙面を割いたにもかかわらず、一般記事の中で1行も加戸氏を取り上げなかった。
まるで、自分たちの安倍晋三政権批判の筋書きに合致しない加戸氏の証言は、存在しなかったかのようである。半ば予想していたことではあったが、余りの露骨さに恐れ入った。
国会中継を見ていない朝日新聞と毎日新聞の読者は、事実関係が分からないように目を塞がれたも同然である。インターネット上で堂々批判される「報道しない自由」も、ここに極まれりである。
あまつさえ、毎日新聞は第1社会面のトップ記事に「『印象操作』かわす 前川氏追求に淡々と」との見出しをつけ、こう書いていた。
「発言内容の信ぴょう性を低下させようとする与党側の『印象操作』をかわした格好だ」
自分たちは加戸氏の主張について読者に知らせず、前川氏の言い分だけをクローズアップする印象操作を行っておきながら、与党側が印象操作をやったと決め付けている。これには、勝海舟の次の言葉を思い浮かべた。
「世の中には無神経ほど強いものはない。あの庭前の蜻蛉(とんぼ)をご覧。尻尾を切って放しても、平気で飛んで行く」
ただでさえ、「マスゴミ」と呼ばれて久しいマスコミは今後、いよいよ信用を失い、軽蔑の対象となっていくのだろう。森友学園や加計学園をめぐる一連の報道を見るに付け、その懸念は深まるばかりである。
ともあれ、加戸氏は産経新聞のインタビュー(2017年6月16日付朝刊掲載)に対し、政治が行政を歪めた実例として昭和57年夏の「教科書誤報事件」を挙げている。教科書検定で日本の「侵略」が「進出」に書き換えられたとマスコミが一斉に報じ、国際問題化した騒動である。
「官邸が、教科書を政府の責任で是正するという宮沢喜一官房長官談話を出した。文部省がやる検定を官邸が無理に、理不尽にも。鈴木善幸首相の中国訪問が予定されているから円満にという政治の思惑なんて見え見えだったが、行政の筋が曲げられたと思っても言いませんでした。それが役人の矜持ですよ」
加戸氏がインタビューで「そこのところが、前川君は則を超えちゃったのかな」とも語っていたのが印象的だった。
結局、「侵略」を「進出」に書き換えさせた事実は無かったことが判明し、産経新聞は7段組みの大きな訂正記事を出し、謝罪したが、ほとんどのマスコミは訂正しようとしなかった。
そしてこの誤報事件をきっかけに、教科書検定基準に近隣諸国に配慮することを定めた「近隣諸国条項」が加わり、教科書記述が歪められていく。当時から歪んでいたマスコミは、さらに歪み捻じ曲がった。

加戸氏発言、報じぬ朝毎 閉会中審査「行政が正された」
7/12(水) 7:55配信
産経新聞
衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査から一夜明けた11日の朝刊各紙は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言を大きく取り上げた。一方、国家戦略特区として獣医学部設置が認められたことに関し「ゆがめられた行政が正された」などと文部科学省の過去の対応を批判した加戸守行前愛媛県知事の発言については記事で取り上げないところもあり、報道の“印象操作”が浮き彫りとなった。
朝日新聞は1面トップの記事に「加計ありき 疑念消えず」の見出しで、前川氏の発言を多めに盛り込んだ。「(政府の)説明責任はなお果たされていない」と強調した記事の隣には「『首相信用できない』61%」とする同社の世論調査結果を添えた。
2面では「『丁寧な説明』なき審議」との見出しで、安倍晋三首相らがいなかったことを指摘し、3面では「加計巡り説明不足」と政府側の説明は足りないと断じた。一方、加戸氏の発言は記事では報じず、審査の詳報では加戸氏の発言を引き出した自民党の青山繁晴参院議員の質問を掲載しなかった。
毎日新聞も「加計 論戦平行線」と1面トップで大きく報じる中、加戸氏の発言はなく、これでは地元の獣医学部誘致を文科省などが阻止してきたことが読者には分からない。東京新聞は社会面で加戸氏の発言を取り上げたが、同氏の発言の肝である「ゆがめられた行政が正された」の部分を記載しなかった。
一方、産経新聞と読売新聞、日経新聞は「行政がゆがめられた」という前川氏の主張に対し、加戸氏の「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』が正しい発言ではないか」との発言を記事で取り上げた。
加戸氏は閉会中審査で「今までたくさんの取材があったが、申し上げたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかった」と訴えていた。

加戸前愛媛県知事の発言をどれだけ取り上げたか
①一般記事②詳報
産経①50行②53行
読売①68行②4行
東京①11行②5行
日経①9行②-
朝日①0行②20行
毎日①0行②19行
*日経は詳報を掲載せず。朝日は今治市長の記者会見記事で加戸氏に触れた

2017.7.11 01:00更新
【閉会中審査=参院=詳報(4)】
加戸守行氏「国家戦略特区でゆがめられた行政が正されたというのが正しい発言だ」
http://www.sankei.com/politics/news/170711/plt1707110009-n1.html

2017.7.11 01:08更新
【閉会中審査=参院=詳報(5)】
加戸守行氏「『加計ありき』と言うが…12年前から声をかけてくれたのは加計学園だけ」「東京の有力私学は、けんもほろろでした」
http://www.sankei.com/politics/news/170711/plt1707110010-n1.html

2017.7.16 16:00更新
【加計学園問題】
加戸守行前愛媛県知事インタビュー「国会は何を議論しているんだ? このバカ野郎!」「役人の矜持はどこへ行った?」
http://www.sankei.com/premium/news/170616/prm1706160009-n1.html
学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部設置計画をめぐり、誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事が産経新聞のインタビューで、文部省(現文部科学省)時代に部下だった前川喜平前文科事務次官らについて語った。

平成22年に宮崎県で口蹄疫が発生した際には、愛媛県の港に検疫態勢を取り、入県する車と人は全部消毒し、四国への上陸を阻止した。全員が不眠不休でやったが、獣医師が足りないから(民間の)ペットの獣医師まで動員して助けてもらった。あのときほど獣医師がほしかったことはなかった。もう一回、口蹄疫が来たら、みんなぶっ倒れますね。
当時、日本大学の総長は「加計学園が(今治市に獣医学部を)作っても、ろくな教育しません」なんて言う。だから「日大さん、来てくださいよ。うちはどこの大学でも関係ない。獣医学部が四国に来てくれればいい」と言ったんだ。
◆事柄の本質を無視
獣医学部が去年できていれば、誰も何も言わなかった話だ。それなのに、やれ「安倍晋三さんの友達だ」「テロ等準備罪は通さない」となって、マスコミがたたきまくっている。事柄の本質は愛媛でどれだけ獣医師がいなくて困っているかということだが、そんなことは知ったことではないということなのか? 安倍首相が加計学園と絶縁したら認めてくれるのか? (国会は)何を議論しているんだ、このバカ野郎と思う。
前川は私の部下でした。非常に有能だし、気骨のある男で、今回のことは非常に残念だ。彼は大学の実情を知らないし、四国が公務員獣医師不足で苦しんでいるということは、耳に入っていなかっただろう。
役人をやっていると、無理無体はある。私のときだと、昭和57年の歴史教科書検定事件(教科書誤報事件)だ。あれこそ、行政の筋を政治が曲げた。役人は全員我慢した。しかし、あのときに「行政の筋を曲げた官邸はけしからん」と言ってマスコミに出た役人はいなかった。政権を倒すことにつながるからだ。
無理無体であっても、政治が優位であって行政は下なんですよ。大臣の下に事務屋がいる。どんなに無理なことでも、大臣が言うことは従うべきだ。教科書騒動のときも悔し涙を流しましたよ。政治の思惑なんて見え見えだったが、行政の筋が曲げられたと思っても言いませんでした。それが役人の矜持ですよ。
◆「総理の意向」使う
「総理の意向」という言葉は事務方レベルでは使います。私なんか文部省の現役時代は「大臣の意向だ」とか、「事務次官がこう言っているぞ」とかハッタリをかましました。虎の威を借りないと役人は動かないんですよ。
安倍政権は加計学園について粛々と胸を張って進めてもらいたい。問題になっているのは友達というところだけでしょ? 友達がだめなら、友達をやめてもらえばいい。それ以外の理由がない。
噴飯ものなのは、民主党政権下でうまくいきかかったものを民主党が潰しにかかっていること。あっ、今は民進党か。私は「民主退歩党」と言ってますがね…。

ko_meiko_meiさん

2017/7/1715:56:23

安倍さんには頑張ってほしい。

憲法改正した後は韓国人、中国人のビザ復活お願いします。

ヒアリより害があるからな。

kyhqn627newさん

2017/7/1710:56:42

加計問題をことさらに悪く取り上げる朝日、毎日、日経などの新聞は、加戸前愛媛県知事の証言を取り上げずに、報道が歪められてるわけです。
https://youtu.be/SbKdkSxAnp4

2017/7/1710:10:11

いままでの印象操作は通用しないですね、捏造・偏向・洗脳、長い間そのような状況をしてきたのでマスメディアで働く人の質、レベル自体が幼稚化し、青山議員のような鋭い眼力の持ち主に調べられると直ぐにボロが出てしまう。

私は現状、自民押しですが過去と違うのは質の差が一部野党とあまりにも違い過ぎる点ですね、まさに月とスッポン。
単純に自民が凄いのではなく、勝手に民進などの政治家の中身が年々ゴミ化が進んだと言うのが笑えますが。
マスメディアにも同じ事が言えるという、同じ穴のムジナですかね(笑

地上波TVの90%嘘・捏造ですから見ない方が宜しい。

2017/7/1708:31:36

まあ都議選も終わってメディアの反安倍逆風攻撃も一休みなんだろ

次は憲法改正の国民投票の前だろうな

そこでまたメディアが安倍をボコボコにして、安倍は退陣だろ

安倍政権を倒そうとする読売が黒幕となって指示命令し、メディアがよってたかって潰しにかかってるんだろう・・

読売は親米の安倍を切りすて、小池と維新に政権を取らせて、蝙蝠創価を取り込んで、親・中露北朝鮮政権を立てようとしているのではないかという気がする・・

日本がこの先アメリカについて行くのか?それともペリー来航以来の同盟関係であるアメリカを離れて中露北朝鮮側につくのか?どっちが日本にとってメリットがあるのか難しい問題だが

中露北朝鮮よりはアメリカの方がまだましなのではないか

日本が親・中露北朝鮮になると、中国人が大量に流入し日本人女性が寝取られ日本民族は同化され

皇室は解体され

沖縄・北海道・佐渡・対馬は中国に取られて、横須賀や佐世保に中国の軍艦が入港するようになるだろう

そして中国北朝鮮のフロント企業が日本に進出し日本人の財産や国土をかすめ取っていくだろう。そのえぐさは現在の在日韓国系企業の比ではないだろう

50年後世界地図に日本が残っているかどうか・・

読売がこの俺たちの日本を中露北朝鮮に売り渡そうとしている可能性があるのではないか

まあいきなり小池新党にはならないかもしれないが、読売の動向は監視しなくてはならない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。